日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

忘れるものか
ワスレルモノカ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年12月28日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

「燃える大陸」を共同勢筆した小川英と蘇武道夫がシナリオの執筆にあたり、「三匹の悪党」の松尾昭典が監督したアクションもの。撮影は同作品でコンビを組んだ岩佐一泉。

スタッフ

企画
仲川哲朗
脚本
小川英蘇武道夫
監督
松尾昭典
撮影
岩佐一泉
音楽
嵐野英彦
美術
横尾嘉良
照明
藤林甲
録音
橋本文雄
スチール
井本俊康
編集
井上親弥

ストーリー

岡部司郎が京都に帰って来たのは、親友津村が謎の死をとげたと聞いたからだった。司郎は早速津村の妻夕子や司郎の弟分ケンを訪ねたが、依然ナゾのままだった。しかし、津村を敵視していた暴力団尾形一派が、重要なカギを握っているとみてとった。やがて、昔馴染の新聞記者鴨沢に会った司郎は、容疑者の一人巽を教えられた。だが、司郎が追うと何者かに射殺されてしまった。そんな折、ケンの恋人かおるが司郎に津村がバーのマダムのルミと関係していたと知らせて来た。しかしルミはとぼけるばかりだった。そして、鴨沢の勧めで会おうとした小野も殺されてしまった。こうなっては、直接夕子から聞きだすより他なかった。司郎は夕子を追って津村のマンションへ来た。そこには鴨沢がおり、夕子は、もう一日待ってくれと言うのみだった。司郎は比叡山へ向ったルミを追った。その彼女を待っていたのは津村だった。だが、司郎は尾形の殺し屋に襲われ二人を逃がしてしまった。やがて、鴨沢は司郎にことの一切を吐いた。津村が尾形一味の密輸現場を隠しどりしたこと。津村を消しそこねた尾形が逆に五千万円の取引を迫られたこと。そして今日がその日だった。取引場所の津村のマンションへかけつける途中、ケンが殺し屋の兇弾に倒れた。マンションでは、津村と尾形が相対していた。そこへ司郎が飛込み、席は大混乱になった。津村は金を持って逃げ、司郎は尾形たちのはげしいリンチを受けた。その時、再び姿を現わした津村が司郎を助けた。だが、津村は一味に射殺されてしまった。尾形らは突入した警官隊に逮捕されたが、司郎の前には、本当に息絶えた津村が横たわっていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。