日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ザ・タイガース 華やかなる招待
ザタイガースハナヤカナルショウタイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年12月19日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

「初恋宣言」の田波靖男がシナリオを執筆し、「にっぽん親不孝時代」の山本邦彦が監督した歌謡喜劇。撮影は「北穂高絶唱」の村井博が担当した。

スタッフ

製作
渡辺晋五明忠人
脚本
田波靖男
監督
山本邦彦
撮影
村井博
音楽
すぎやまこういち宮川泰
美術
樋口幸男
照明
比留川大助
録音
神蔵昇
編集
諏訪三千男
スチル
池上恭介

ストーリー

宇野、江田、糸川、赤塚大坪らの五人は、授業をさぼっては、楽器演奏にうちこんでいた。彼らの夢は、一日も早く東京に出て、ステージ演奏をすることだった。東京には夢がある。五人は希望に胸ふくらませ上京したものの現実は厳しかった。そんな五人を助けたのは、画家のタマゴのルミだった。ところがそのアパートには、かつて彼らが無銭飲食をしたレストランのウエートレスの久美子がいた。久美子は五人に同情し職探しに奔走するのだった。宇野らが脱走少年と間違えられたのは、そんな時だった。鑑別所から解放された五人に幸運がめぐって来た。宇野の家で働く婆やのはなが、彼らのために財産をはたき、楽器を揃えてくれたのだ。一方、久美子も山本プロに演奏テープを持込み、彼らの売り込みに懸命だった。やがて久美子の熱意が入れられ、五人は憧れのステージに立つことなった。だが、それは儚い夢と消えてしまった。久美子が、ひき逃げされたのだ。五人は、初ステージをなげ捨て、楽器を売って久美子の手術費にあてた。そして、初出演を案ずる久美子には、大成功を伝えるのだった。やがて、久美子のために楽器のない演奏会がはじまった。レンガを楽器にみたてて演奏する五人。ところが、それらはいつしか本物に変わり、五人は前途を祝福されながら演奏し歌いつづけるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。