日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

霧にむせぶ夜
キリニムセブヨル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年12月14日 
製作会社
東京エンタープライズ 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

新人の阿久悠と森功がシナリオを執筆し、「初恋宣言」の梅津明治郎がメガホンをとったアクションもの。撮影は浜崎和水が担当。なお、主題歌「霧にむせぶ夜」は黒木憲が歌っている。

スタッフ

製作
笹井英男平田崑
脚本
森功阿久悠
監督
梅津明治郎
撮影
浜崎和水
音楽
鈴木淳
美術
福島一良
照明
小林恒雄
録音
目黒スタジオ
スチール
金田正
編集
富田二三男

ストーリー

“マレーの竜”と呼ばれる滝口が、霧の横浜港に帰って来た。彼は、五年前恋人礼子のために、その弟譲治が起したヤクザ同士の殺人事件で、自ら犯人としての汚名を負って、国外に逃亡していたのだった。そして帰国早々、昔馴染のレストラン経営者一色修平や旧知の歌手黒木、それに譲治などを訪れた。ところが、再会した礼子は、すでに富豪の太田黒と結婚していた。さて、滝口はR国の要人汪を日本訪問途上に消せ、という密令をもっていた。そして指令電話で着々準備を進めるうちに、射撃場で六人の男たちに襲撃された。滝口は一瞬のうちに全員を射殺。自分の行動を知っている譲治をしめあげ、自分を狙ったのが、内山であることを知った。この内山こそ、滝口に殺人犯の汚名を着せ、S組の組長の座をしとめた男だった。さらに内山は、汪の手下崔から汪暗殺阻止のために雇われ、滝口を狙っていたのだ。その頃、内山は用心棒を集め、礼子を人質にし、譲治を使って午後三時までと、時間を切り、滝口をアジトに呼出した。その時間は、滝口が汪を狙撃する時間だった。それを滝口が知らされたのは午後二時。礼子を救うべきか、指令をまっとうすべきか迷う時間すらなかった。内山のアジトで滝口のマシンガンが火をふき、礼子が救出されたのは、その直後だった。滝口が汪暗殺現場に着いたのは二十分前。だが、そこでも内山の配した殺し屋と死闘が展開された。激闘数分、死体の中から身体を起した滝口は、一発で汪をしとめた。夜が来て、修平の店へ現われた滝口は指令完遂を報告して息をひきとった。修平こそ暗殺指令の主だったのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。