日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

BG・ある19才の日記 あげてよかった!
ビージーアルジュウキュウサイノニッキアゲテヨカッタ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年11月02日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
82分  

才賀明と山崎巌が、週刊女性に投書された身上相談をヒントにシナリオを執筆し、丹野雄二が監督昇進第一作のメガホンをとった。撮影は「孤島の太陽」の萩原憲治が担当した。

スタッフ

企画
横山弥太郎
脚本
才賀明山崎巌
監督
丹野雄二
撮影
萩原憲治
美術
松井敏行
照明
宮崎清
録音
高橋三郎
スチール
井本俊康
編集
近藤光雄

ストーリー

日東ゴムのタイピスト鏑木敬子は、恋人の三木順造から身体を求められて困っていた。敬子の妹敏江は、結婚まではと、かたくなに身を守る姉を不思議に思っていた。一方、順造は友人の今村から、その意気地のなさにハッパをかけられていた。それから数日後、敬子は、出勤途中の電車の中で痴漢に襲われた。その場を救ったのは、彼女の上司、加納部長だった。敬子は、その時以来自分の心に忍び込んだ加納の面影を打ち消すことが出来なかった。数日後、和気あいあいの加納一家の自家用車に乗せてもらった敬子は、加納夫人、理津子の幸せそうな顔をみて一層強く加納に惹かれていった。そんなある夜、外国人バイヤーとの商談で加納に同行した敬子は、その帰りに加納の愛人ルミへの反発もあって、加納が仕事用に借りているマンションに付いて行った。敬子はそこで加納とルミとの情熱を連想して燃えたが、身体を許す気にはなれなかった。翌日、敬子は三木を誘って芦ノ湖へ行った。すべてを三木に捧げ、加納を忘れるつもりだった。だが、加納への思慕はつのる一方だった。加納からマンションのキイを預った敬子は、身代わりにプレイガールのミチを彼のマンションへ送った。翌日、加納から素敵な人を紹介してくれたと感謝された敬子は、燃え上がる嫉妬心をどうすることも出来なかった。激しい風雨の夜、敬子は愛する加納にすべてを捧げた。それから数週間が過ぎた。加納はシンガポールに飛び立つが、それは勝股など、加納反対派の策略で商談は失敗に終った。憤然と帰国した加納に、敬子は三木と結婚すると宣言した。だが、敬子は三木の前からも姿を消してしまった。愛する二人を失なった敬子だが、彼女に後悔の念はなかった。愛するからこそ処女をあげたのだ、彼女は呟きながら夕映えの海岸線を行くのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。