日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ある女子高校医の記録 初体験
アルジョシコウコウイノキロクハツタイケン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年10月30日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
80分  

前作「ある女子高校医の記録 妊娠」の高橋二三がシナリオを執筆し、これが第一作の帯盛迪彦が監督した、シリーズ第二作目。撮影も同じ渡辺公夫。

スタッフ

企画
斎藤米二郎
脚本
高橋二三
監督
帯盛迪彦
撮影
渡辺公夫
音楽
渡辺岳夫
美術
間野重雄
照明
上原正一
録音
飛田喜美雄
スチル
薫森良民
編集
中静達治

ストーリー

白樺女子学園の生徒が売春容疑で連行された。この知らせに驚いた熊谷校長は、校医の小柳に調査を命じた。連行されたのは大宮麻子、小林マキ、浅野みどり、高木真弓の四人である。彼女たちはいずれも、太ももにいれずみをしていた。小柳は何も言わない彼女たちの行動を知るため、追跡調査を行なった。担当教師たちの話では、四人とも授業中に居眠りをし、生理不順など、乱脈な夜の生活を送っているらしかった。小柳は間もなく、そんな彼女たちの生活をつきとめた。麻子はサイケバーのリード・ダンサーで、ファンからの贈物を売りさばいて、月五万以上の稼ぎを得ていた。また、小林マキは、ある放送局で深夜ジョッキーを担当し、そのユニークな話術で多くのファンを持っている。みどりは、その豊かた肉体を武器にヌードモデルとしてひっぱりだこであり、流行っ子のイラストレーターの滝口とは、かなり密接な関係があるようであった。そして高木真弓は、夜毎に男をつかまえ、自分のアパートに引っぱり込んでいたのである。小柳はこうした生徒たちの隠された生活に、ただ唖然とするばかりであった。しかし、何故そんな生活を送っているのか、彼にはさっぱり分らなかった。やがて、麻子たち四人を詰問した小柳は、彼女たちが憧れのパリに行くための費用を貯えるため、夜のアルバイトをしていたことを知った。売春容疑が晴れて四人が学校を休み、パリに向ったのはそれから間もなくのことだった。小柳はそんな四人に、帰国したら学校に戻るように言い、飛び立った飛行機を、じっと見送っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/10/27]

映画情報を39件更新しました。