日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

日本一の裏切り男
ニホンイチノウラギリオトコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年11月02日 
製作会社
東宝渡辺プロ 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
95分  

いまはテレビ畑で仕事をしている早坂暁と、「帰ってきたヨッパライ」の佐々木守が共同でシナリオを執筆し、「サラリーマン悪党術」の須川栄三が監督した風刺喜劇。撮影は「年ごろ」の福沢康道。

スタッフ

製作
渡辺晋大森幹彦
脚本
早坂暁佐々木守
監督
須川栄三
撮影
福沢康道
音楽
萩原哲晶宮川泰
美術
竹中和雄
照明
小島正七
録音
矢野口文雄
スチル
吉崎松雄
編集
黒岩義民

ストーリー

昭和二十年八月。特攻隊員日の本太郎は、玉音放送を天皇の激励の言葉と、勘違いした隊長大和の命令で、敵機動部隊目がけて出撃した。恋人日見子らに見送られて死地に赴いた太郎は、しかし厚木飛行場に降り立ったマッカーサーの後から、その姿を現わしたのである。彼は日本を裏切っていたのだった。大和が終戦後、ヤミ屋の隊長になっているのを知った太郎は、早速GIを煽動してその物資を横取りした。昭和二十五年六月、朝鮮戦争が勃発。太郎は金へンブームに乗ろうと、東京中のパチンコ玉を掻き集めようと画策し、パチンコ店の二大勢力江戸組と武蔵野組を対決させて、その間にパチンコ玉をごっそりひとり占めにした。しかし、その時は戦争が終結し、太郎の苦心も水の泡だった。昭和三十二年。太郎はニセ傷夷軍人になって稼ぎまくるうちに日見子に再会した。そして彼女の経営するバーの支配人になった。ところがバーの立ち退き要求で争った相手が建設会社の社長大和だった。太郎はバー女子連合会を結成し、果敢に大和建設に抵抗した。昭和三十五年。新安保条約反対で、世論が沸く時、太郎もまたデモ隊と共に国会を取り巻いていた。だが機動隊の前に、あえなく留置場入りとなり、出所してみればバーはあとかたもなく、大和の勝ちほこった姿があるばかりだった。反撃を企てた太郎は、オリンピック道路予定地三十六ヵ所をタダで手に入れ、三億六千万で大和に売りつけることに成功した。そして昭和元禄と呼ばれるころ、タワシから飛行機まで売るというオールセールス社を設立した太郎は落ちぶれた大和を国会議員に当選させ、その軍師となったのだ。一九七〇年、日本は大和の裏切りによって再軍備を決定した。そのころはすべてを売りつくした太郎がついに、日本列島を核つきで売りに出していた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。