日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

金瓶梅(1968)
キンペイバイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1968年09月27日 
製作会社
ユニコン・フィルム 
配給会社
松竹 
レイティング
R18+  
英語名
Chin P'ing Mei  
上映時間
90分  

中国の古典『金瓶梅』を素材にしたもので、上田学而の原訳(人物往来社版)を、大和屋竺が脚色し、「壁の中の秘事」の若松孝二が監督した。撮影は伊東英男。

スタッフ

製作
小笠原清
脚本
大和屋竺
監督
若松孝二
撮影
伊東英男
音楽
八木正生
美術
平高主計
照明
磯貝一
録音
杉崎喬
スチル
中山健司
編集
辻正
原訳
上田学而

ストーリー

中国は宋の時代。武松は人喰い虎を退治して一躍名をあげ、警備隊長になった。兄の武大と会って仕官を祝った時、武松は兄嫁潘金蓮の美しさに見とれてしまった。金蓮の美しさにひかれたのは、富豪西門慶も同様であった。西門慶は金蓮を手に入れるため、金蓮に武大を毒殺させてしまったのだった。そのころ武松は梁山泊の水滸党と戦っていたが、兄の死を知り愕然となった。役人に西門慶の犯罪を訴えても、証拠がないと一蹴されてしまった。怒った武松は西門慶の家に乗り込んだが、その時に西門慶と結託した小役人を投げ殺し、牢送りになった。そんな武松を、西門慶はせせら笑って見送るのだった。西門慶は根っからの遊び人で、女中や芸者はもとより、町の女房、後家にまで手を出す男だった。そんな有様だったから、富豪の第五夫人におさまった金蓮も空閨をもてあまし、美少年を引き入れ、情事に耽っていた。ある日、西門慶は金の力で官職を買いとり、隣人の女房李瓶児に目をつけると、夫を殺して手に入れてしまった。そのあいまに、西門慶は侍女の春梅とも関係を持ち、情痴の限りをつくしていたのだ。一方、獄中の武松は西門慶の放った刺客に襲われたが、水滸党に助け出され、自らその一員に加った。官吏の腐敗ぶりにあきあきしていたからでもあった。武松脱獄の知らせを聞いた西門慶は、彼の復讐を恐れ、ますます、酒と女におぼれていった。やがて、武松は水滸党を引きつれ、町に攻め込んできた。激しい攻防の末、武松は兄の仇西門慶を刺殺した。その時現われた金蓮は、武松こそ永遠の恋人と抱きつくのだった。しかし武松は、金蓮が恍惚とする間もなく、その白い胸を刀で刺し貫いたのだった。その後も戦乱ばつづき、宋は滅びたが、神出鬼没の水滸党の中には、いつでも豪傑武松の姿が見られたという。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました