日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

フリーセックス 十代の青い性
フリーセックスジュウダイノアオイセイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1968年09月07日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
R18+  
英語名
Green Sex  
上映時間
80分  

「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」の高橋二三がシナリオを執筆し、「女賭博師鉄火場破り」の井上芳夫が監督した青春もの。撮影はコンビの中川芳久。

スタッフ

企画
斎藤米二郎
脚本
高橋二三
監督
井上芳夫
撮影
中川芳久
音楽
山下毅雄
美術
高橋康一
照明
泉正蔵
録音
高橋温生
スチル
沓掛恒一
編集
中静達治
ナレーション
仲村隆

ストーリー

酒屋に勤める宏は、千鳥旅館にビールの配達に出かけた。その時、女中のお咲に誘われ、旅館の一室ののぞき窓から、一組の男女がからみあう姿を見た。仕事を終えた宏は、女友だちの富子と会った。富子は宏と一緒に東京に出て、いまはアメリカ人の家でメイドをしている一六歳の少女だった。その富子にとって、アメリカ人夫妻の寝室に呼ばれ、愛撫の現場を見せつけられるのは、あまりにも強い刺激だった。久しぶりに会った宏と富子は、おずおずとホテルに入ったが、未経験な二人はいたずらに焦るばかりだった。晴美は女遊びの激しい父、若い男をひきずり込む母親という環境の中で育った。彼女は美容研究所見習いの守夫に、純粋な愛情を抱いていたが、母親がその守夫を誘惑したのを知り、愕然となった。ある日、晴美はテレビ・タレントのミサに会った。ミサは秘かに、テレビを利用して売春をやっている少女だった。ミサに勧められてテレビの番組に出た晴美は、その後、ホテルに連れて行かれた。そこには、テレビに映った晴美を指名した男が待っていた。晴美が罠に気づいた時はすでに遅かった。そして必死になって男の手から逃かれようとしているうちに、思わず手元のビールびんで、男の脳天を割っていたのだった。後も見ずにホテルを飛び出した晴美は、駐車してあったスポーツカーに乗り込むと、猛スピードで去った。高速道路に出た車は、百五十キロのスピードを出していた。晴美がハンドルをきりそこね、ガードレールを飛び越えたのは、それから問もなくのことだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。