日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ゲゲゲの鬼太郎(1968)
ゲゲゲノキタロウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1968年07月21日 
製作会社
東映動画 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Kitaro  
上映時間
45分  

フジテレビ系列十局で放映中。正邪の妖怪たちの他に、大海獣も加わって活躍する民話的な短篇漫画映画。

スタッフ

企画
松本貞光斎藤侑大沼克之
原作
水木しげる
脚色
辻真先
演出
設楽博
作画監督
田島実
撮影
清水政夫
音楽
いずみたく
美術
山崎誠
編集
花井正明

ストーリー

三億年前の大海獣がニューギニアに現われた。上島博士、山田秀一そして鬼太郎からなる探険隊は、早速現地に向った。しかし、上島博士は大海獣を発見し、その血液を採取したが、暴れる大海獣の下敷になり、殺されてしまった。ところが探険の栄誉を独占しようと考えた山田秀一は、鬼太郎を欺き、その血液を鬼太郎に注射して大海獣の姿にかえてしまった。得意の術がきかなくなった鬼太郎は、太平洋を泳ぎ東京に帰って来た。だが、海獣の出現に驚いた政府は、軍隊を出動させた。海獣鬼太郎は、ジェット機や軍艦の攻撃に、ビクともしなかった。一方、山田秀一は大ロボットを完成させ、海獣鬼太郎に対抗させた。これには、さすがの海獣鬼太郎もかなわず瀕死の重傷を負って海へ逃げた。そんな時、秀一の妹啓子は大海獣が鬼太郎ではないかという疑問を抱き、海獣を元の姿に戻すように懇願した。自分がおかした行為を悔いるようになった秀一ば、解毒剤を海獣にふりまいた。すると今までの大海獣は忽然と姿を消し、昔と変わらぬ鬼太郎が姿を現わしたのである。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/03/26]

映画情報を119件更新しました。

[2019/02/21]

映画情報を31件更新しました。