日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年1月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

魔法使いサリー(1968)
マホウツカイサリー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1968年07月21日 
製作会社
東映動画 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Sally,the Witch  
上映時間
24分  

NETをはじめ、全国十九局で放映中の、短篇漫画の劇場版。

スタッフ

企画
松本貞光横山賢二
原作
横山光輝
脚色
辻真先
演出
設楽博
作画監督
奥山玲子
撮影
池田重好
音楽
小林亜星
美術
山崎誠
編集
古村均

ストーリー

サリーは、小学校の五年生。そのサリーの家に、魔法の国からいたずらっ子ポロンがやって来た。ポロンは国電を小さくして遊んだり、家族の食事を全部一人で食べてしまったりして、皆を困らせてしまった。その上、隣りの三つ子に自動車ごと魔法をかけて小さくしてしまった。驚いた三つ子は、自動車に乗って逃げ出し、アリの穴に転落する始末。サリーは三人を救うために、ポロンに魔法をかけてもらい、アリの国へ入って行った。穴にもぐったサリーは、魔法を使ったが、不思議なことにみな小さくなって役立たなかった。お蔭でサリーは散々な目にあった。だが、やっとの思いでアリの宮殿に辿りついた彼女は、女王アリに歓迎され、三つ子にも再会。そしてアリに案内され地上に戻って来た。ところが、今度は、犬に追い廻された挙句、パクリと呑みこまれてしまった。だが、その一瞬サリーは、彼女の危機を知った父の魔法で教われ、元の姿に戻ったのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/01/30]

映画情報を19件更新しました。

[2018/12/25]

映画情報を18件更新しました。