日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

秘録おんな蔵
ヒロクオンナグラ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年07月13日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
The Yoshiwara Story  
上映時間
78分  

「講道館破門状」の浅井昭三郎がシナリオを執奏し、「鉄砲伝来記」の森一生がメガホンをとった風俗もの。撮影は「眠狂四郎人肌蜘蛛」の武田千吉郎。

スタッフ

企画
財前定生
脚本
浅井昭三郎
監督
森一生
撮影
武田千吉郎
音楽
鏑木創
美術
西岡善信
照明
黒川俊二
録音
奥村雅弘
スチル
藤岡輝夫
編集
谷口登司夫

ストーリー

お夏の父は借財と病苦でみじめな生涯を終えた。勝気なお夏は、その借財を返すために自ら吉原出入りのならず者直次郎の世話で、廓の遊女屋海老新へ売られて来た。お夏の指導役はお兼で、第一日目から吉原の異常なしきたりをお夏に教え込んだ。そのお夏についた最初の客は、根岸の隠居と呼ばれる老人だった。だが、彼の供について来たのは、意外にも巳之吉だった。巳之吉は、米問屋だったお夏の父の使用人だったのだ。ところが、お夏にふられた恨みから、変り果てた彼女の姿を嘲り笑った。同じ夜、勤めの辛さに耐えかねた琴糸が舌を噛み切って死んだ。折しも、そこへ来合わせた直次郎は、琴糸の遺体を投込み寺に葬り、その足で巳之吉を飲屋に呼びだした。それは己之吉の旧主に対する裏切り行為や、その主人の娘をなぶりものにした卑劣さをたしなめるためだった。次の夜お夏は根岸の隠居が、彼女の父を死に追いやった憎い商売仇両国屋であることを知った。両国屋は、勘定奉行の役人と結託し、偽造手形で同業者を次々に没落させていたのである。だが、お夏の素性を知らない両国屋は、役人宛の密書を預けると急用で立去った。お夏はその動かぬ証拠を手にすると遊客の衣裳を身に装い、岡っ引長七の目を盗んで、大門から脱走した。だが直次郎が彼女の行手を遮り、脱走の重刑を説いた。お夏は、危く難を逃れたものの密書を直次郎に取上げられてしまった。一方、直次郎はその密書をネタに巳之吉を強請った。この一件からお夏は両国屋に密書の所在を責められ、お兼の残酷な鞭を浴びた、直次郎も強請の罪をとわれたが、斬掛った巳之吉を殺し長七を刺し殺した。そして、騒ぎに駈けつけた同心村垣は、密書を受取ると時を移さず下役人を連れ海老新になだれこみ、お夏を拷問中の両国屋を逮捕したのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。