日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

思い出の指輪
オモイデノユビワ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年04月27日 
製作会社
ホリ・プロダクション 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
The Wonderful Ones  
上映時間
84分  

「夜明けの二人」の桜井義久が脚本を担当、「囁きのジョー」の斎藤耕一がメガホンをとった青春もの。撮影も斉藤耕一が担当。

スタッフ

製作
堀威夫
企画
升本喜年
脚本
桜井義久
監督
斎藤耕一
撮影
斎藤耕一
音楽
脇野孝司
美術
平田逸郎
照明
海野義雄
録音
杉崎喬
スチール
金田正
編集
井上周夫

ストーリー

城南学園には、毎年卒業生の中から、最も素晴らしい男子生徒を選び、指輪を贈る伝統があった。このナルシスの指輪を手にすることこそ、男子生徒の最高の名誉だった。その選考会が間近にせまったある日、大事件が起った。次期後継者に渡されるべき指輪を、前年度の有資格者堺がなくしてしまったのだ。南太平洋演奏旅行中の堺から、緊急電報を受け取った学園OBで運営委員の昌子は、二人の探偵を派遣して、選考に臨んだ。全校女生徒の熱烈な推薦を受けた候補は五名。清水、林、小池、笹井、小松、いずれ劣らぬ好青年だった。委員たちは、その日から五人を徹底的にマークした。一方、焦る昌子は、選考の時期尚早を説き、指輪が戻るのを一日千秋の思いで待っていた。そんなある日、委員たちは在校生委員柏原真樹子の別荘で、最終的な選考テストをすることになった。ところが湖畔にやってきた五人は、途中に出逢った美しい京子に惹かれてしまった。この京子こそ、五人が生涯忘れることの出来ない高校時代の音楽教師坂本の妹だった。坂本はグレていた五人を音楽を通じて立ち直らせたのだ。京子から一晩だけのショウを頼まれ、ステージで奏し、歌う曲はいずれも坂本が彼らのためにつくったものだった。真樹子たちは、初めて接したこの新しい魅力にすっかり興奮したが、その日から五人は、秘密行動をとるようになってしまった。やがて五人はVSジャズ喫茶に出演しはじめた。これをつきとめた委員たちは彼らを候補失格と決めた。だが、その席で昌子から意外な事実が発表された。坂本が重病に倒れ、女の細腕で苦労を続ける京子を五人が助けていたのだ。師弟愛にうたれた委員たちは、昌子の提案で五人に指輪を渡すことに一致した。それから一週間、スパイダースが南太平洋演奏旅行から帰って来た。思い出の指輪を演奏して迎えるヴィレッジ・シンガーズの面々はいつになく晴々としていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。