日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

明治血風録 鷹と狼
メイジケップウロクタカトオオカミ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年05月29日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
The Hawk and the Wolf  
上映時間
98分  

新人輿五郎と、「遊侠三国志 鉄火の花道」の松尾昭典が共同でシナリオを執筆し、松尾昭典が監督した任侠もの。撮影はコンビの岩佐一泉。

スタッフ

企画
増田弥寿郎
脚本
輿五郎松尾昭典
監督
松尾昭典
撮影
岩佐一泉
音楽
小杉太一郎
美術
中村公彦
照明
吉田協佐
録音
神保小四郎
スチール
寺本正一
編集
井上親弥

ストーリー

明治中期。白虎隊生残りで、耳の聞こえない政次郎を二人の刺客が狙っていた。二人はかつて、玉岡組にいた政五郎の子分だった。不審に思った政五郎は、女房のお房を連れ、掛川の町に向った。数年前、掛川の町では、任侠道を守る玉岡組と、新興勢力の灘万一家が対立していた。灘万一派は、東京の錦組、新政府の役人寺内と手を組んで、玉岡組から鉄道工事の利権を手に入れようとしていたのだ。この争いは寺内の上司早苗の計らいで、両組が工事を競争して勝った方に権利が与えられることになった。競争は玉岡組が一方的に勝ったかに見えたが、灘万らの計略で、トンネルが爆破され、政五郎の耳は聞こえなくなってしまった。このため、玉岡組は落目になり、玉岡の娘千代、代貸定吉たちはさんざんな目にあったのだ。一方、政五郎は爆破事件には組の中に裏切り者がいると気づいて警戒していた。しかし、真相は分らず、耳の聞こえない政五郎は定吉の手引きで、灘万を繰っている張本人金屋を人力車ごと斬った。それは玉岡だったのだ。それとは知らない政五郎は、会津にいる昔の奉公人弥兵衛と娘のお房の許に身を寄せた。ところが、刺客の手で弥兵衛が殺され、その上、お房も斬られてしまったのだ。その時、政五郎ははじめて自分の斬ったのが玉岡であり、定吉が灘万一家に寝返っていたことを知ったのだ。一方、定吉は、政五郎が掛川に帰っていることを知り、策略を練って金屋、灘万、寺内を斬った。そこへ政五郎が姿を現わした。耳の聞こえない政五郎は、連れてきた犬の動きに助けられ、またたく間に定吉と、その一味を斬り倒したのである。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/12/23]

映画情報を37件更新しました。

[2019/11/25]

映画情報を58件更新しました。