日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ミニミニ突撃隊
ミニミニトツゲキタイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年03月16日 
製作会社
松竹西野バレエ団 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Miniskirt Corps  
上映時間
87分  

「レッツゴー! 高校レモン娘」の田波靖男がシナリオを執筆し、「純情二重奏」の梅津明治郎が監督した青春もの。撮影は「濡れた蓬いびき」の加藤正幸。

スタッフ

製作
猪股尭
企画
西野皓二
脚本
田波靖男
監督
梅津明治郎
撮影
加藤正幸
音楽
中川晶
美術
芳野尹孝
照明
佐久間丈彦
録音
小尾幸魚
スチル
堺謙一
編集
石井巌

ストーリー

女子大生のカツミ、薫、逸子、奈美子、幸技の五人は同じ清和寮の寮生である。ある夜、仲の良い奈美子、逸子、薫の三人が室長のカツミと、舎監の相川女史の目を盗んで寄宿舎を抜け出てゴーゴー喫茶店に飛び込んだ。若い娘らしく、理想の男性を見つけようというのだ。三人は喫茶店で三人の男性に会った。奈美子は岡本と、逸子は井上と、そして薫は森と知りあい、仲良く踊った。一方風の音に目をさましたカツミは、三人が抜け出たことを知り、相川に見つかっては大変と、夜の街に奈美子たちを探しに出かけた。途中、カツミは萩原という青年と知り合い、彼に案内されてゴーゴー喫茶店に行ったが、三人はすでに寄宿舎へ戻ったあとだった。だが深夜の街を歩くカツミと萩原の二人は、すっかり親しくなっていた。次の日曜日、奈美子たちはそれぞれ、デートの約束で外出していったが、カツミは先日、相川に見つかって外出禁止を言い渡されてしょげていた。奈美子は岡本を訪ねてテレビ局に行ったが、そこで黒沢明とロス・プリモスに自分の踊りをほめられて有頂天になった。一方、薫は週刊誌記者の森が守衛殺しと宝石泥棒の犯人として萩原を追っていると聞かされて驚いた。早速薫はカツミに報告したが、ちょうどその時、萩原が大怪我をして転り込んできた。カツミは守衛が殺された時刻には萩原と二人で夜の街を歩いていたことを思い出し、萩原の潔白を主張した。その頃、宝石強盗の真犯人野坂一味は、萩原のアリバイを証言しようとしたカツミの誘拐を計画、それを、実行に移そうとしたが、そこへ駆けつけた岡本や森たちによって一網打尽にされてしまった。やがて警察の知らせで駆けつけた相川は、この日ばかりは教え子たちのお手柄に満足のていだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。