日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

続・決着
ゾクオトシマエゾクケッチャク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年03月30日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
The Final Decision  
上映時間
80分  

「網走番外地 吹雪の斗争」の石井輝男と、「決着(おとしまえ)」の内田弘三が共同でシナリオを執筆し石井輝男が監督した「決着(おとしまえ)」の続編。撮影はコンビの中島芳男。

スタッフ

企画
植木照男
脚本
石井輝男内田弘三
監督
石井輝男
撮影
中島芳男
音楽
八木正生
美術
藤田博
照明
大野忠三郎
録音
内田陽造
スチール
加藤光男
編集
鈴木寛

ストーリー

港横浜。須藤一家の兄貴分譲二は、親分須藤の命令で橋場一家の親分甚之助を叩き斬り刑に服した。須藤一家はそんな譲二に無頓着でハマの顔役黒田と人身売買を企んでいた。まず目にとまったのが橋場の一人娘美也子だった。出所した譲二は弟分五郎の急報で橋場親分を殺した罪ほろぼしにと美也子を救い姿を消した。この一件に激怒した須藤は、五郎が譲二を匿っていると断じ、ピアノ弾きをしている五郎の弟六郎までも脅した。六郎は須藤の娘佐知子と恋仲だったが、須藤一家幹部太田はそれを妬み六郎を襲った。その急場を救ったのは佐知子のポディガード柘植だった。二人の仲を知った須藤は指を詰めさせるとイキまいた。命ぜらるまま五郎は六郎の指にドスを突立てたが斬れようはずがなかった。見かねた譲二は、五郎が狂ったように表へ飛び出したスキに自分の指を詰めて五郎に渡した。だが、嫌がらせはとどまらなかった。五郎がむごい私刑にあい、美也子は一家に誘拐された。そして波止場では六郎の惨殺死体が発見された。五郎は変り果てた六郎にすがって慟哭したが、その時はじめて六郎の指が完全であることを知って驚いた。譲二の厚い思いやりに五郎は須藤への復讐に燃えた。そして駈けつけた譲二と共に弟殺しの太田に迫った。ドス対拳銃の勝負は明らかに二人にとって不利だった。が次の一瞬太田の拳銃は柘植の弾丸に射ち落された。太田は五郎のドスに倒れたが、柘植も太田の最後の弾丸を背中に浴びて絶命した。復讐の鬼と化した五郎と譲二は出港間際の船上で極悪非道な須藤と黒田と対決した。須藤の拳銃が火を吐いた。胸にその弾丸を受けた譲二は五郎の肩を借り須藤を叩き斬り、黒田は須藤のめくら射ちにあえない最後をとげたのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。