日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

忍びの卍
シノビノマンジ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1968年01月27日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
R18+  
英語名
Ninja's Mark  
上映時間
89分  

山田風太郎の原作(報知新聞連載・講談社刊)を、「日本暗黒史 情無用」の佐治乾と小野竜之助が共同でシナリオを執筆し、「任侠 魚河岸の石松」の鈴木則文が監督した忍者もの。撮影は「三人の博徒」の鈴木重平。

スタッフ

企画
天尾完次松平乗道
原作
山田風太郎
脚色
佐治乾小野竜之助
監督
鈴木則文
撮影
鈴木重平
音楽
伊部晴美
美術
雨森義允
照明
中山治雄
録音
野津裕男
スチール
藤本武
編集
堀池幸三

ストーリー

徳川三代将軍家光は、三十歳を過ぎても一向に子宝に恵まれず、その上、相手をする女の下半身が金色のうろこに変っていくという事件がつづいて起って、すっかり女性不感症にかかってしまった。この事件を忍びの業と睨んだ柳生但馬守は、かつて柳生門下の剣客といわれた浪人刀馬を雇い、事件の解決にあたらせた。刀馬はまず、伊賀、甲賀、根来の各組から選出した男女十数人の忍者で、大奥警護にあたらせた。ある日刀馬は配下の根来忍者右陣の怪しい動きに目をとめ、あとをつけたが、女忍者陽炎のくノ一の術に捕われてしまった。陽炎は豊臣秀吉に領地を奪われた大名の娘で、お家再興のため南蛮忍法を学んで卍一族を結成し、家光の弟で将軍の座を狙う駿河大納言忠長と結託、家光の世嗣を絶やそうとしていたのである。しかし、陽炎は刀馬に一目惚れしてしまい、その油断をついた刀馬は逃げ出すことができた。ある日、家光が湯治に向ったという情報に陽炎は湯女に化けて家光に近づいた。陽炎はくノ一忍法で家光を腹上死させようという作戦だった。しかし、家光の危機を前もって知った刀馬が、家光に変装して陽炎を待っていたのだった。お家再興のためにすべてをかけていた陽炎だったが、一度恋した刀馬には術も効力を失ってしまい、自から刀馬に斬られてしまった。こうして、忠長は敗北をさとって切腹し、事件は解決した。だが役目を果した刀馬は、仕官の勧めを断り、大奥一の美女といわれ、陽炎とそっくりの顔をしたお園を拝領すると、城下を離れて行った。将軍家光は健康体に回復し、七年のちに、第一子が誕生、生涯に五男一女をもうけたという。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/06/23]

映画情報を14件更新しました。

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。