日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

東京市街戦
トウキョウシガイセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1967年11月18日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
The Aftermath of War  
上映時間
89分  

文芸春秋所載の戸川幸夫原作「東京市街戦」を、「波止場の鷹」のコンビの小川英が脚色し、西村昭五郎が監督したアクションもの。撮影は「対決(1967)」の萩原憲治。

スタッフ

企画
岩井金男
原作
戸川幸夫
脚色
小川英
監督
西村昭五郎
撮影
萩原憲治
音楽
鏑木創
美術
佐谷晃能
照明
宮崎清
録音
古山恒夫
スチール
目黒祐司
編集
辻井正則

ストーリー

終戦直後の東京は外国人の横暴になすがままだった。今日も青竜会の李らにもてあそばれた挙句、ひとりの夜の女トキ子が殺された。ある日、青竜会に対抗するテキ屋の平松組に、飛行服姿の青年がトキ子の消息を尋ねて現われた。この青年はトキ子の死を知ると、トキ子が面倒を見ていた孤児のサブとユカリの住むボロバスの中に暮すようになった。いつか人々はこの青年を、トキ子が死に際に叫んだ健太郎に違いないと思い、そう呼ぶようになった。一方、平松組はマーケットを建て、青竜会の暴力から日本人の商人を守ろうとしていたが、青竜会の会長崔の横車に乱闘騒ぎを招いた。この時、健太郎はブルドーザーを駆使して崔一派を退けたのだった。そんな健太郎を、平松の娘あやは頼もしげに見つめていた。ところがそのあと、平松が青竜会の殺し屋に殺され、組の者はすっかり浮足だった。健太郎は皆を静め、平松の遺言通りマーケット建設に全力をあげるようさとした。やがて、マーケットは完成した。人々の顔に笑顔が戻り、明るく商売を始めるようになるのを見た健太郎は、あやにこの土地を去ると告げた。そして自分は健太郎ではなく、その友人なのだと語った。しかし、それまでおとなしくしていた崔一派はマーケットを再び襲い、火を放った。拳銃を乱射して日本人に襲いかかる崔たちを見た健太郎は、どこに隠していたのか軽機関銃を持ち出すと、次々と青竜会の面々を倒していった。やがて外国人は倒れ、マーケットには再び平和が訪れたが、健太郎の姿はなかった。ただあるのは群衆の圧倒的な生活力だけだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。