日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ドリフターズですよ! 前進前進また前進
ドリフターズデスヨゼンシンゼンシンマタゼンシン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1967年10月28日 
製作会社
東宝=渡辺プロダクション 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

「石中先生行状記(1966)」の松木ひろしがシナリオを執筆し、「自動車泥棒」以来、三年ぶりに和田嘉訓が監督したコメディ。撮影は「続・何処へ」の中井朝一。

スタッフ

製作
渡辺晋五明忠人
脚本
松木ひろし
監督
和田嘉訓
撮影
中井朝一
音楽
山本直純
美術
竹中和雄
照明
隠田紀一
録音
吉田昭一
編集
藤井良平
スチル
中尾孝

ストーリー

関東黒潮組の三下ヤクザ長介、ブー、チュー、コージたちは、組の解散とともに、厳しい浮世に放り出されてしまった。困惑した長介たちは、ハブリのよいチョロを頼り、彼を親分にたてて、「何でもコンサルタント」を開業することになった。しかし、たまに犬の散歩とか、赤ん坊のおもりとかの仕事が舞いこんでくるだけで、さっぱり成績は上がらなかった。せめてものなぐさめは黒潮親分の娘里子の激励で、里子にホレている長介は何とか仕事を軌道に乗せようと苦心していた。そんな時、彼らは大河内代議士の娘ミツコと知りあい、すっかり意気投合したが、彼女を乗せた車を、かつてのライバル神風組の車に追突させてしまった。そして、神風組のヤクザたちは、ミツコが代議士の娘と知ると、彼女を誘拐してしまった。たまたま、仕事があってチョロたちと別行動をとっていた長介は、帰ってきてこの転末を聞き、早速、神風組の金のマンションに乗り込み、ミツコを助け出した。ある日、ブーとチューが、元黒潮組の幹部モロコシの麻薬受渡しの仕事を手伝ったが、事務所に帰って見ると、金の死体が入ったトランクがあった。殺人事件の濡れ衣を着せられては大変と、長介たちはいろいろな手を使って金の死体を捨てようとするのだがそれが思うようにいかない。どうしようもなくなった長介は、死体と暮すよりはと、自首して出ようとしたが、たまたまモロコシと神風組との間に拳銃の射ち合いが始った。モロコシは射たれ、駆けつけた救急車に収容されたが、一計を案じた長介は、一足お先に車の中に死体を入れていた。金の死体を見た重傷のモロコシは驚いた。それもそのはず、金はモロコシが殺したのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。