日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

監獄への招待
カンゴクヘノショウタイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1967年09月02日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
An Invitation to Jail  
上映時間
87分  

義永充の原案から、「陸軍中野学校 密命」のコンビ舟橋和郎がシナリオを執筆し、井上昭が監督したアクションもの。撮影は「早射ち犬」の上原明。

スタッフ

企画
関幸輔
原案
義永充
脚本
舟橋和郎
監督
井上昭
撮影
上原明
音楽
渡辺岳夫
美術
下河原友雄
照明
久保江平八
録音
飛田喜美雄
スチル
柳沢英雄
編集
中静達治

ストーリー

天才的ペテン師河西義男は手形詐欺で捕まり、獄中生活を送っていたが、米軍基地内に麻薬を侵透させている反米組織のへンリー野坂に瓜二つであることから仮釈放され、戸田警部に協力することになった。河西はその代償にFBIのスタッカーから三万ドルを貰うことで承知したのだった。アメリカへ連れていかれた河西はFBIの手で、ヘンリー野坂の身ぶりから話し方まで身につけるよう教育され、日本に帰ってきた。一方、戸田警部は日本に来た野坂を巧妙なやり方で捕え、精神異常と信じ込ませて監禁した。素早く野坂にすり代った河西は、組織からの連絡通りユダヤ系ドイツ人グラウに会った。そして、グラウの手に麻薬が届き次第、河西が受取るという交渉をまとめた。グラウの家に招かれた河西は、彼の娘ルミと親しくなった。しかし、河西の身辺には見張りの波川が常につきまとい、河西は一瞬の油断もできなかった。ある日、河西の挙動に不審の念を抱いた波川は、彼が野坂本人であるかどうか確かめるとグラウに言い、野坂の幼友達のGIディクソンと会わせることになった。河西は焦ったが、戸田警部は二人きりの部屋で野坂本人とディクソンを会わせ、波川の疑感を解いた。だがすぐに河西は、再びピンチを迎えた。野坂の妻加代子が現われたのだ。加代子はすぐ河西の正体を見破ったが、河西は彼女を戸田警部にまかせた。一方波川もようやく河西が野坂の替えだまだと気づいたが、疾走する車の中で河西に倒され、高速道路から転落していった。その頃、グラウの手に麻薬が入り、あるパーティの席上で引渡しが行なわれることになった。その日、パーティには各国の米軍基地から麻薬引き受け人が受取りに来ていたが、河西の合図で戸田警部ら一隊がなだれ込み、グラウらは逮捕されたのだった。グラウの娘ルミは、自宅で自殺していた。彼女を心底から愛していた河西は、傷心のまま再び刑務所に戻っていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/10/27]

映画情報を39件更新しました。