日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

サイボーグ009 怪獣戦争
サイボーグゼロゼロナインカイジュウセンソウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1967年03月19日 
製作会社
東映動画スタジオ 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Cyborg 009-Underground Duel  
上映時間
60分  

『少年マガジン』に連載した石森章太郎の原作漫画を「サイボーグ009」の芹川有吾と飯島敬、「少年忍者 風のフジ丸 大猿退治」の白川大作が共同で脚色、芹川有吾が監督した動画で、“サイボーグ009”シリーズ第二作目。撮影は新鋭池田重好。

スタッフ

製作
大川博
企画
平沢明関政次郎旗野義文
原作
石森章太郎
脚色
飯島敬芹川有吾白川大作
監督
芹川有吾
撮影
池田重好
音楽
小杉太一郎
美術
福本智雄
録音
小西進
編集
千蔵豊
作画監督
木村圭一郎
作画
高橋信也若林哲弘上林栄司大橋学

ストーリー

超音波を放つ巨大な怪獣プレシオザウルスが次々に豪華船を襲ったため世界中が大混乱に陥った。ギルモア博士は直ちにサイボーグたちを全世界から召集、怪獣に対することになった。博士は怪獣が世界征服を企むブラック・ゴースト団の新兵器だと見抜いたのである。001から009までのメンバーは対超音波砲を備えた船で太平洋のグルカ島に出発したが、その中にかつて009が事故から助けたヘレナが密かに乗っていた。009はヘレナの乗船を認めたが、グルカ島に近づくにつれて次々と襲ってくる大エイロボット群や、発光クラゲと戦わねばならなかった。やがて、グルカ島に着いたサイボーグたちは、出現したプレシオザウルスを001の観念移動力で逃がれ、ブラック・ゴースト団の基地に潜入した。しかし、ヘレナが実は敵のサイボーグ0010と知った009は、ヘレナを殺そうとせず逃がしてやった。そして、再び現われた怪獣を009は口の中から飛び込んで破壊したものの、他のサイボーグと共に電磁罠に捕えられたのである。しかし、正義に目覚めたヘレナは009たちを救ったのだった。ヘレナは裏切り者として殺されたが、怒ったサイボーグたちは、ついにブラック・ゴースト団の秘密基地を爆破した。そして、平和の使命を終えた009たちは、それぞれの国へと帰っていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/03/26]

映画情報を119件更新しました。