日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

男の顔は切り札
オトコノカオハキリフダ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年12月24日 
製作会社
日本電映 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Debt of Honor  
上映時間
92分  

「空白の起点より 女は復讐する」の宮川一郎がシナリオを執筆し、「日本侠客伝 雷門の決斗」のマキノ雅弘が監督した仁侠アクションもの。撮影は本田茂樹と木下富蔵。

スタッフ

製作
松本常保
脚本
宮川一郎
監督
マキノ雅弘
撮影
本田茂樹木下富蔵
音楽
小倉博
美術
鈴木孝俊
照明
中山治雄
録音
高橋太朗
スチル
中舎健治
編集
木村幸雄

ストーリー

昭和初年。深川界隈で声望のある梅津組は解散した。組長の梅津勇造が区会議員に立候補するためである。しかし、投票日の前日、梅津は何者かに殺された。平助や庄八たち子分は対立侯補の勝元とその背後にいる新興ヤクザ大崎の仕業とにらんだが、何の証拠もない。しかも、梅津組の家と土地が勇造の残した借金の抵当に入っていると大崎に言われ、平助たちは苦境に陥った。考え抜いた末、平助たちは弁護士飯沼に相談するがどうにもならない。そのうちに老侠客弥三郎は単身大崎組に殴り込み、壮烈な最期をとげるという事態にまでなった。そんな時に、勇造に破門された浩次郎が帰ってきて、この有様を知った。そして、浩次郎は何故か大崎組に寝返った。平助たちは怒ったが浩次郎は親分殺しの犯人を突きとめるため、ワザと憎々し気な言葉を平助に吐いて、大崎の身内になったのである。そんな浩次郎を、梅津組の世話になっている料理屋の娘千代がつらい思いで見つめていた。ある日、浩次郎を訪ねて、岩上という男が現われた。兵隊の時の親友同士だった。料亭で旧交をあたためる二人だったが、しかしおいくという芸者を見て、岩上は色を変えた。除隊になって帰ってみると行方不明になっていた恋人だったのだ。岩上は、おいくが彼のバクチの借金のために大崎の手で芸者にされた事情を知った。岩上の胸は激しい怒りに燃え、浩次郎に大崎を倒すことを誓った。そして浩次郎は親分殺しの犯人を探すため、そして、すべての事情を知った岩上は平助たちを助けるために別れた。やがて大崎の悪事の一切があばかれた。岩上が公証役人唐沢の証言で、土地及び建物の担保証書が盗難印鑑による不正証書であることが分ったのだ。また、浩次郎も、大崎の命令で勇造を殺した星中を突きとめた。勇躍した平助たちは岩上、浩次郎と共に大崎組に殴り込み、凄まじい乱闘を繰り展げたが、やがて、乗り込んできた警官隊に、大崎は逮捕され、岩上も乱闘の罪を一人で負って手錠をかけられた。その姿を、浩次郎や平助たちは感謝の目で見つめるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。