日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

白鳥(1966)
ハクチョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年10月29日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
79分  

「沈丁花」の松山善三が自身の原作を脚色し、「絶唱(1975)」の西河克己が監督した純愛もの。撮影はコンビの高村倉太郎。

スタッフ

企画
山本武
原作
松山善三
脚色
松山善三
監督
西河克己
撮影
高村倉太郎
音楽
林一
美術
佐谷晃能
照明
河野愛三
録音
米津次男
スチール
目黒祐司
編集
鈴木晄

ストーリー

麗子は大学を卒業したら昭一と結婚することに決まっていたが、叔父の古本屋で洋書を万引きした近藤を知ってから、その決心も動揺し始めた。近藤は運送会社に働く貧しい青年で、しかも、不治の病いに床に就いている妹千津を抱えている。医者の話では千津の命はあと半年と言われて近藤は、人殺しでも、強盗でも、千津が助かるなら何でもやる、と麗子に語る。今まで苦労なしに育った彼女は、この兄妹を知ってから変った。昭一はそんな麗子が心変りしたのではないかとなじったが、麗子は黙っていた。そして、昭一は麗子に愛の証しを求めたが、近藤に惹かれつつある麗子は拒んだ。二人の男を愛する女、麗子は万葉集の中に自分と同じ愛の苦悩から自殺した女の歌を知って、考え込んだ。そして、父の孝一郎に昭一との婚約を取り消して欲しいと言う。だが孝一郎はそれはふしだらな女のすることだと怒り、その上、麗子は実は、死んだ母が叔父との間に生れた子供であることを口にしてしまった。麗子は茫然とした。自分は祝福されて誕生した人間ではなかったのだ、不義密通によって生れたのだ、彼女は絶望した。家を飛び出した麗子は、その足で叔父研二のいる「古径堂」へ行った。そして、研二に向うと、何故、母を愛していたのに結婚しなかったのか、と責めた。研二は無言だった。麗子は「古径堂」を出ると、夜の闇を歩いた。研二が実の父であるというショックと、何故二人の男を愛することが出来ないのかという思いが、麗子の心を乱した。死んだ方がいいのだ、万葉集の中の女のように……そんな考えが、浮んできた。気がつくと、昭一の家の前だった。昭一の部屋に入ると、麗子は彼の前に身を投げ出して言った。「あげるわ……何もかも……」翌朝、麗子はある決意を秘めて近藤の家へ行った。その日千津が死んだと言う近藤と、ささやかな祭壇の前で、麗子は涙にくれた。そして、二人の間に燃え上った愛の火が二人を包んだ。麗子はたくましい近藤の胸に飛び込んでいった……。そしてあくる朝の未明の海、月光に美しく輝くその中に、麗子は静かに入っていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。