日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

恋と涙の大陽
コイトナミダノタイヨウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年07月30日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

「炎と掟」でコンビの立花明と井上梅次が脚本を担当し、同じく「炎と掟」の井上梅次が監督した青春もの。撮影は「俺たちの恋」の長岡博之。

スタッフ

製作
沢村国男
脚本
立花明井上梅次
監督
井上梅次
撮影
長岡博之
音楽
広瀬健次郎
美術
芳野尹孝
照明
中田達治
録音
平松時夫
スチール
梶本一三
編集
大沢しづ

ストーリー

日の丸観光所属のパイロット旗野健一は母タカから毎日のように結婚話を持ちこまれ弱っていた。タカは夫亡き後、女手一つで薬問屋百草堂をきりまわしてきたが、娘公子の養子清をあと継ぎとして信頼出来ず、健一に何とか家業を継いで貰いたいと考えていた。健一は結婚意志のないまま、富士五湖転勤を交換条件に、女医の北村和美と見合をした。彼女も大学から地方病院の配属を反対した家族に結婚を強要されたのだった。ふたりはお互いに似た境遇を憂い、この見合が逆にこわれることを願って乾杯したが、些細なことで大喧嘩してしまい、離れてしまった。健一は真夏の太陽の下、富士五湖へ転勤のためヘリコプターを飛ばした。湖は健一の先輩安部を始めとする大学の水上スキー部の連中や、夏休みを利用してキャンプに来た健一の妹まりたち若者のいぶきでいっぱいだった。健一は着任の挨拶をすませ、署長の令嬢高木令子の案内でレジャー施設をまわりホテルのロビーに来た時、ふとひとりの女性に心をひかれた。数日後、歌謡祭が盛大に催され、歌いまくる健一は数千の若者を魅了した。幕になる頃、チンピラの一群が邪魔に入り、大乱闘となった。その直後、健一は行方不明となったホテル客の捜索飛行を依頼され、相棒の田代六郎と乗り込んだ。そして山麓に倒れている小野君江--実は日本舞踊飛鳥流の後継飛鳥紫--を発見したが、彼女は健一が以前ロビーで見染めた女性だった。君江を収容した病院で健一は、その病院に勤務する和美と出会った。しかも叔父義太郎がタカの依頼で選んだ健一の見合の相手が和美と知って、驚いた。健一と和美は、傷心の君江を見舞ううち急に親密になっていった。また健一は回復した君江を紫と知って脅迫に来たやくざの城山を、若者たちの応援で撃退するのだった。東京に帰る紫の自動車を見送る健一と和美のふたりの胸には、未来の結婚絵図が描かれていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。