日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

涙くんさよなら
ナミダクンサヨナラ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年07月30日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
82分  

「帰ってきた狼」で共同執筆した倉本聰と明田貢がシナリオを担当。「帰ってきた狼」の西村昭五郎が監督した、青春音楽路線第一作。撮影は「放浪のうた」の姫田真佐久。

スタッフ

企画
笹井英男
脚本
倉本聰明田貢
監督
西村昭五郎
撮影
姫田真佐久
音楽
浜口庫之助
美術
横尾嘉良
照明
岩木保夫
録音
沼倉範夫
スチール
寺本正一
編集
辻井正則

ストーリー

ワシントン。父親がアメリカ人、母親を日本人にもつジュリーは、父が死亡したので母を訪ねて日本へ渡ることになった。みなし児のため、ジュリーの周囲の入れ知恵で、父の死によるショックで口がきけなくなったことにして、慈善団体の援助をうけることができたからだ。無論、日本の慈善団体もだまっていなかった。日本の慈善団体代表が、猪又SAT・TV社長夫人だったことから、SATは強者、御前をキャップに母親捜し大キャンペーンを実施することになった。日本に到着したジュリーは、慈善団体やマスコミの功利的な態度に嫌気がさし、一人で昔母親が芸者をしていた料亭“山岡”を訪ねた。“山岡”の女将の子健や、ヤング・アンド・フレッシュの三人と雅子達は、取巻きの売名行為に抵抗を感じ自分達の手で、ジュリーの母親を捜し出すことを誓った。ポンコツカーに乗った七人の若者は、一路、母葉子の転居先京都の“嶋の家”へ向かった。一方、健達の情報をキャッチした御前達は、母親探しのドキュメント・フィルムを作成することになり、ジュリー達を尾行した。虚々実々、二組の間に東海道珍道中が繰り広げられた。やっとのことで追跡を振り払ったジュリー達は、待望の“嶋の家”へ到着した。しかしそこで知らされたのは、思いがけなく葉子の死だった。すなわち、財閥の夫人におさまっている葉子は、涙ながらにも、現在の地位を棄てることができず、娘を目の前にしても母親と名乗ることができなかった。醜い大人達を前にジュリーは、口が不自由だと装っていたことも忘れて大声で泣きわめいた。ジュリーの真実を知った大人達は、今度はいともたやすく彼女を攻撃する側に立つのだった。そんなジュリーを励ますのは健達以外になかった。ジュリーは、温い健達の友情を胸に、再会を約束して日本を飛びたった。そこには、希望に満ちた青春群像があった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。