日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

兵隊やくざ脱獄
ヘイタイヤクザダツゴク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年07月13日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

有馬頼義の原作「貴三郎一代」を、「処女が見た」の舟橋和郎が脚色し、「ほんだら捕物帖」の森一生が監督した“兵隊やくざ”シリーズ第四作目。撮影は「若親分乗り込む」の今井ひろし。

スタッフ

企画
久保寺生郎
原作
有馬頼義
脚色
舟橋和郎
監督
森一生
撮影
今井ひろし
音楽
塚原晢夫
美術
太田誠一
照明
伊藤貞一
録音
奥村雅弘
スチル
小山田輝男
編集
谷口登司夫

ストーリー

有田、大宮一等兵の二人は敵前逃亡の罪で奉天の陸軍刑務所に入れられた。二人は便器との共同生活にはクサってしまった。あまつさえ、大宮が看守の椎名伍長に反抗したため、昼食はおろか夕食までも削られ空腹に苦しまなければならなかった。それを助けてくれたのは、盗みで入獄していた沢村上等兵だった。だが間もなく沢村は前線に送られていった。有田と大宮は破れかぶれの気持ちで脱獄を計り、水道管を壊してその騒ぎを利用し、脱出した。だが二人の脱獄の通報を受けた門衛にあと一歩の所で捕ってしまった。もはやこれまでと、銃殺刑を覚悟した二人だったが、法務官が有田の大学時代の友人だったため助けられ、脱走しない条件でソ満国境へ送られた。前線で沢村を見つけた二人は、再会を喜び合ったが、ここでも班長の佐々木軍曹とソリがあわなかった。軍曹は初年兵教育から叩き直してやると二人をしぼるのだった。大宮が、前線に来る途中知った珠子に会うため、料亭“花月”を訪ねたが、軍曹に邪魔され、二人の雲行きは怪しくなり出した。ある日、沢村は敵前逃亡を計ったというので軍曹に射殺されてしまった。大宮は沢村が大事にしていたヒスイが失くなっていることに疑念を抱いたが、ソ連軍の猛攻が始まってウヤムヤになってしまった。ところが、兵隊たちが応戦に大童になっている最中、将校たちや佐々木軍曹がトラックで逃げようとした。怒った大宮は彼らをひきずり下ろし、代りに一般邦人や珠子を乗せた。将校たちは反撃に出たが、大宮は上官も隊長もクソ喰らえとばかり軽機で撃ちまくり無事に珠子たちを逃がしてやった。そして、大宮は有田たちが戦っている前線の守備隊に再び戻っていくのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。