日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

友を送る歌
トモヲオクルウタ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年06月02日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
77分  

「三等兵親分」の棚田吾郎と奥山国恵が共同で脚本を執筆。「哀愁の夜(1966)」の西河克己が監督した青春もの。撮影もコンビの高村倉太郎。

スタッフ

企画
笹井英男
脚本
棚田吾郎奥山国恵
監督
西河克己
撮影
高村倉太郎
音楽
池田正義
美術
佐谷晃能
照明
森年男
録音
高橋三郎
スチール
浅石靖
編集
鈴木晄

ストーリー

船乗り志望の大津良夫は父の病気で、親友中川玄一より二年遅く北海道の開拓村から横浜港へやって来た。そして玄一の消息を尋ね歩いたが不明で途方にくれていた。そんな時彼は快活な少女みどりを知った。彼女は父の経営する食堂「みなと亭」に以前出入りしていた玄一を知っていたが、その彼も店に払う金を持ち逃げしたきり音沙汰がなかった。良夫はまたハシケの親切な逞しい船長田山と子供のマン坊とも親しくなった。翌日良夫はみどりと横浜の街を逍遥中遇然玄一に出会った。その夜玄一はバー「ハーバーライト」で飲みながら、外国航海談を得意げに語った。良夫は嬉しく聞いていたが、みどりにはすっかり変った玄一が何故か信じられなかった。玄一がやくざ風の男黒沼と奥に消えた時、酔った良夫は気を利かして彼のスーツケースを持ち帰った。だがその中味が密輸時計と知った良夫の驚きと悲しみは大きかった。二日後良夫は再婚した母に会いたいというみどりにつきあって筑波山へ行く時、玄一を誘った。展望台で良夫はあくまでしらをきってスーツケースを要求する玄一を殴りつけた。みどりはホテルの女主人におさまっている元気な母をみると急に父が恋しくなって帰ると言った。三人が表に出た一瞬、スーツケースの行方を知ろうと、追ってきた黒沼らはみどりを誘拐した。しかし彼女は突差の機転で逃げ出し、田山に助けを求めた。黒沼から手を切ることを約束し、密輸品を持って彼等の待つ「ハーバーライト」へ向かう玄一は、一緒の良夫の身を心配して彼に当て身を食わしひとりで乗り込んだ。かけつけた田山と友情に命をかけんとする良夫は絶体絶命の玄一を救った。翌日良夫は更生を誓う玄一と堅い握手を交すと、田山の尽力で決った貨物船の人となった。みどりは哀しさをこらえて見送っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。