日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

喜劇 仰げば尊し
キゲキアオゲバトウトシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年10月22日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

「ひき逃げ」の松山善三がオリジナルシナリオを執筆、「大根と人参」の渋谷実か監督した喜劇もの。撮影は「喜劇 駅前大学」の岡崎宏三。

スタッフ

製作
佐藤一郎椎野英之
脚本
松山善三
監督
渋谷実
撮影
岡崎宏三
音楽
林光
美術
小島基司
照明
榊原庸介
録音
神蔵昇
スチル
大谷晟
編集
広瀬千鶴

ストーリー

瀬戸内海の小学校で教壇に立っている老教師浜口丈太郎のところに、かつて教え子黒川が東京から訪ねてきた。だが、浜口と酒をくみ交した習朝、黒川は海岸で自殺していた。そして、知らせを聞いて駆けつけたのは黒川の妻ではなく、愛人の千津だった。浜口はお骨を黒川の妻頼子に渡すべきだと考え上京した。だが頼子は、死んだ者のお骨をもらってもしょうがないと冷たく突っぱねるのだった。浜口は東京の変貌と共に人の心も変ってしまったことを嘆き、東京にいる教え子がどう変っているか訪ねてみることにした。そして浜口の見たのは理想を失い、故郷への愛着を忘れ、日本人であることを忘れた人々だった。中学時代に日本のシュバイツァーになるんだと張りきっていた小松原浩は連れ込み旅館をやっていた。パスツールを目指していた長谷川透は堕胎専門の医者になっているという有様。また都会議員になっていた西岡勝利は選挙戦術用に美談を作りあげようと浜口を利用し、誰ひとり心から老教師を迎えてくれる者はいなかった。千津がすでに黒川の子を姙っていたので、千津の面倒を頼もうと思っていた浜口は、誰にも任せる気にはなれず、千津と共に帰ることにした。途中、淡路島に寄って教え子の長尾久四郎に会った。長尾は誰もふりむこうとしない郷土芸能、人形浄瑠璃の維持に一生懸命だった。それを生徒に教え、保存していこうというのだが、浜口は日本の伝統を守ろうとする長尾に会って喜んだ。生徒たちのやる人形浄瑠璃を誰も見にこなかったけれども、浜口はここに来て初めて本当の人間に会った気がしたのだった。やがて、どうやら千津に魅かれたらしい長尾に彼女を託して浜口は元気に帰っていくのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。