日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

夜霧の慕情
ヨギリノボジョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年06月01日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

「真実の愛情を求めて 何処へ」の野上龍雄がシナリオを執筆、「二人の世界」の松尾昭典が監督したアクションもの。撮影はコンビの岩佐一泉。

スタッフ

企画
岩井金男
原案
植田吾郎
脚本
野上龍雄
監督
松尾昭典
撮影
岩佐一泉
音楽
池田正義
美術
中村公彦
照明
藤林甲
録音
神保小四郎
スチール
井本俊康
編集
井上親弥

ストーリー

堀部良郎は東陽会の大幹部だったが、堅気の人には親切で花売娘の奈美の面倒を見ていた。ある日、会長の中根が逮捕された。中根はその時、自分の女亜紀の面倒を見ることと、また、相良と共に組を守るようにと良郎に言い残した。だが、相良と良郎は昔から犬猿の仲だった。二人は度々衝突し、ついに良郎は、組の仕事から手を引けと、相良に言った。すると相良は旭会と組んで良郎を邪魔し始めた。良郎は亜紀に会った時から、秘かな慕情を抱くようになっていた。そんな良郎に亜紀は、中根の世話になっているのは嫌だから、一緒に逃げようと言うのだった。その頃、旭会の安価なヤクが出廻って良郎の仕事が行きづまった。探ってみると、旭会は東西製藤の久保から流してもらった睡眠薬スパMをヤクに混ぜていた。良郎もスパMを手に入れようとしたが、久保は頑強に良郎の申入れを拒んだ。このままでは旭会の勢力下におかれてしまうので良郎はあせった。ところが、間もなくあれ程頑強に拒んだ久保がOKの返事をよこした。良郎はその理由が何であるか思い当った。亜紀が久保に頼んだのだ、久保は前から亜紀に惚れていた、恐らくその代償に……。良郎は急いで亜紀に会った。その夜、二人は越えてはならない一線を越えてしまった。良郎は中根に対する悔恨に悩んだ。そんな二人の関係を感ずいたのが相良だった。会長の女に手を出した良郎を激しくなじった。そして俺が眼をつぶっていれば、誰にもわからないから、二人で逃げろと良郎に命じた。だが、良郎は自分のことは自分で仕未するからと、相良の申し出をつっぱねた。相良が邪魔な自分を、追っぱらって組を一人占めにしようとしてるのがわかっているからだ。その頃、花屋の奈美は良郎の心配をしながらも、耕一に魅かれてゆく自分の気持をいつはることができず、二人は結婚することになった。良郎はその話を聞いて喜んだ。そして子分の貝津にお祝いに行かせ、自分は亜紀の止めるのをふり切って、刑務所へ中根を迎えに出かけるのだった。そして出所した中根に打明けると、中根は怒ったが、結局二人を許してやるのだった。良郎が亜紀と旅立とうとしている時、中根が相良に殺された。良郎は亜紀を残して旭会に乗り込み、相良を倒した。だが自分もすでに深手を負っていた。亜紀のもとへとハンドルを握りながら、良郎は次第に薄れてくる意識の中で亜紀の顔を思い浮べるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。