日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

赤いグラス
アカイグラス

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年05月18日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

「男の紋章」の甲斐久尊がシナリオを執筆、「野郎に国境はない」の中平康が監督したアクションもの。撮影はコンビの山崎善弘。

スタッフ

企画
笹井英男
脚本
甲斐久尊
監督
中平康
撮影
山崎善弘
音楽
牧野昭一
美術
大鶴泰弘
照明
高島正博
録音
橋本文雄
スチル
斎藤誠一
編集
辻井正則

ストーリー

一等航海士速水弘志が暴れ者のジョーと共に港へ帰ってくると、恋人の典子から悲しい事件を知らされた。弘志の育ての親で東洋海運の速水社長が何者かに射殺されたのだった。弘志は自分をここまで育ててくれた社長のために犯人を探し出そうと決心した。副社長の神崎が怪しかったが確実な証拠は何ひとつなかった。典子の兄で医師の相原恭二が何かを知っているらしかったが、ある日、行方不明になってしまった。弘志は行方を知っている女須賀子から、恭二が神崎の家にいることを知った。そこに向う途中、弘志は何者かに襲われたがジョーに助けられた。神崎は、駆けつけた弘志に、恭二が運転を誤って車もろとも海へ落ちて死んだと言った。手懸りが矢なわれてしまった。その時、ジョーが青という男が犯人を知っていると言った。弘志は青に会った。青は犯人は殺し屋兄弟だと教えてくれた。弘志は建築現場に兄弟を呼び出した。だが、兄弟は殺しの依頼主の名は、がんとして言わなかった。激怒した弘志は二人と格闘になり、兄弟は転落して死んだ。真相を知る者はいなくなった。ところが典子の知らせで、恭二がまだ生きて神崎の別荘にいることがわかった。恭二は事件の目撃者だったのだ。別荘に乗り込んだ弘志は激しい拳銃戦の末、恭二から真相をきいた。神崎が保険金欲しさに会社の船「さつき丸」に爆薬をしかけ、それを知った社長が殺されたのだった。恭二は射たれて死んだ。弘志は杉浦刑事と共に変装して「さつき丸」に乗り込み、間一髪のところで導火線を踏み消した。その足で神崎一味を粉砕するべく別荘に向ったが一味の抵抗は激しく、ジョーは弘志をかばって射たれた。だが一味は逮捕され、事件は終った。弘志は典子の想い出を胸に抱いて再び海へと去って行くのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/02/25]

映画情報を65件更新しました。

[2021/01/26]

映画情報を51件更新しました。