日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

涙になりたい
ナミダニナリタイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年05月18日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

「北国の街」の倉本聰と「この虹の消える時にも」の石森史郎が共同でシナリオを執筆、「青春ア・ゴーゴー」の森永健次郎が監督した歌謡もの。撮影は「拳銃無宿 脱獄のブルース」の松橋梅夫。

スタッフ

企画
横山弥太郎
脚本
倉本聰石森史郎
監督
森永健次郎
撮影
松橋梅夫
音楽
崎出伍一
美術
西亥一郎
照明
三尾三郎
録音
宮永晋
スチル
式田高一
編集
井上治

ストーリー

山間の町、松本市に住む高校生椎名吾郎は、東亜大学受験を目前にひかえて張り切っていた。父の毅一郎は鳥の研究に没頭し兄の市郎は、父の助手をつとめ近々、フィアンセの酒井桃子と結婚し、米国へ留学することになっていた。母由美は、十八年前、毅一郎が、研究に没頭するあまりに家庭をかえりみないのを嫌って、家を出てしまったのだが、毅一郎は、この事実を吾郎には、ひたかくしにかくして、母は死んだものと言い聞かせていた。しかし吾郎とても、すでに十八歳。真相は知らぬまでも、母が生きていることには感づいていた。やがて、吾郎は上京し、試験場で、ふとした縁で、春日雪子という女性を知り、楽しい東京の一日を過した。ところが、この雪子の母由美というのが、吾郎の母でもあったのだ。由美は、毅一郎のもとをとびだしたあと、再婚し今の春日姓を名乗るようになり、この雪子と、健という子をもうけていたのだ。チンピラヤクザの健は、毅一郎や、市郎、吾郎などの存在を知ると、母の由美を愛するあまりに、彼らを逆うらみして、つきまとっていた。一方、そのころ毅一郎には、長年の研究の成果が実って、文化功労賞の受賞が決っていた。だが、健の出現から事情を知ってしまった吾郎は、素直に、それを喜ぶことができず、雪子に悩みを打あけた。雪子は、そんな吾郎を母の由美に会わせた。母が悪い人でないことを知った吾郎は何とか、毅一郎のかたくなな心を柔らげようと努力した。紆余曲折はあったものの、吾郎の努力は実り、毅一郎は由美と再会しようとした。ところが、何もしらない健は、誤解して、毅一郎を刺してしまった。だが、心配して病床にかけつけた由美に、毅一郎は晴れやかな笑顔を見せるのであった。見守る雪子と吾郎の胸には、明るい希望が満ち満ちていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/03/27]

映画情報を49件更新しました。

[2020/03/26]

映画情報を38件更新しました。

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。