日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

放浪のうた
ホウロウノウタ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年06月15日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

「マカオの竜」の山崎厳、「大空に乾杯」の中野顕彰、「血と海」の野村孝が共同でシナリオを執筆、野村孝が監督したアクションもの。撮影は「“エロ事師たち”より 人類学入門」の姫田真佐久。

スタッフ

企画
児井英生
脚本
山崎巌中野顕彰野村孝
監督
野村孝
撮影
姫田真佐久
音楽
伊部晴美
美術
松井敏行
照明
岩木保夫
録音
古山恒夫
スチル
坂東正男
編集
鈴木晄

ストーリー

三年前、高堂組の組長の命令で、何の恨みもない男を刺した速見が仮釈放となり刑務所をでた。だが、彼を待っているはずのピアニストの婚約者杉子は見つからず、高堂組もすでに解散していた。空しい心で街をさまよっていた速見は、以前杉子がよく弾いていたピアノの音に誘われてバーに入り、そこにたむろしていたヤクザの手で、秘密賭博場に連れ込まれた。そこで速見は、兵頭企業の女社長御舟と勝負するハメになり、勝負に負けて、その身を兵頭に預けることになった。翌日速見は、兵頭企業の本拠地大島へ連行され、柏木牧場の乗っ取りを命じられた。だが、一方では、秘書の郷田が社長兵頭の財産を狙っていた。次の日、速見は、牧場へ借金の取りたてに行き、そこで思いがけなく、杉子と再会し、近く彼女が柏木と結婚する身であることを知って愕然とするのだった。だが、今でも杉子を愛し続けている速見は、彼女のために柏木の牧場を守ってやる決心をした。一方、柏木は競馬うま“ミハラホープ”を売って、借金を清算しようとした。が、折しも、この“ミハラホープ”が破傷風にかかり、速見は、その血清を守るべく、兵頭一味と対峙した。これを機に、速見は、兵頭のもとを去り、柏木の牧場で働くことになった。そこで速見は、兵頭がそれまで牧場を強力に後援していたこと、また柏木が結婚を理由に杉子を呼びよせてから「柏木と噂のあった彼女の一人娘が自殺を図ったことで、兵頭が柏木への復讐に燃えていることを知った。遂に兵頭一味は杉子をさらった。しかし野心に燃える郷田は、兵頭を殺害した。怒った速見は、郷田一味と対し、彼らを撃滅した。杉子も助けだされ“ミハラホープ”とも無事買主の手に渡った。杉子の幸せを願って、速見は一人去っていくのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/12/23]

映画情報を37件更新しました。

[2019/11/25]

映画情報を58件更新しました。