日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

青春ア・ゴーゴー
セイシュンアゴーゴー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年03月27日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

「高原のお嬢さん」の千葉茂樹と伊奈洸が共同でシナリオを執筆、「この虹の消える時にも」の森永健次郎が監督した青春もの。撮影は「黒い賭博師 悪魔の左手」の山崎善弘。

スタッフ

企画
笹井英男
脚本
伊奈洸千葉茂樹
監督
森永健次郎
撮影
山崎善弘
音楽
伊部晴美
美術
大鶴泰弘
照明
高島正博
録音
福島信雅
スチール
浅石靖
編集
辻井正則

ストーリー

予備校生松本悟と村木賢一の二人は大のエレキ・ファンで、チャンスさえあれば、エレキ・バンドを作ろうと思っていた。そんなある日、二人は“スパイダース”の出演しているジャズ喫茶で、演奏に聞きほれていた、高校生増田浩と、出版社に勤めながら夜間学校に通っている橋本一郎、江川勇らと知り合いになった。やがて、五人の相談はまとまり、エレキ・バンドを作成することになった。賢一は嬉しさのあまり、自分の部屋でエレキの練習に没頭して、来年大学を受験する妹の悠子に勉強の邪魔だと怒られる始末。一方悟は自分のいとこにあたる、スパイダースが所属しているサン・プロダクションの堀井社長に会い、自分たちのエレキ・バンドを売りこんだが、大学に入ってからでも遅くないと断られてしまった。だが、そんなことにはくじけず、五人は、バンドの名も“ヤング・アンド・フレッシュ”と決定して、結成式を行い、リーダーには賢一が選ばれた。だが、大人の無理解で、五人のバンドは、練習場を転々と変えなければならなかった。そしてある日、五人は、近くの廃屋になっている教会で練習中、彼等の音楽をこっそり聞きにきていたユリ子に会った。そして歌のうまいユリ子も“ヤング・アンド・フレッシュ”の仲間入りをすることになった。やがて自信をつけた賢一たちのバンドは、テレビの勝抜きエレキ合戦に出場して見事に優勝した。これを機に、ユリ子は、歌手として、“スパイダース”に加わることとなり、一方の一郎と勇は勤めていた会社に本採用になり、バンドは一時解散することになった。数日後、堀井がエレキ・フェスティバルでユリ子がデビューするという知らせをもってきた。そして賛助出演として“ヤング・アンド・フレッシュ”も出演できるというのだ。当日、五人のバンドは、あこがれのスパイダースと共に共演し、ユリ子のデビューも大成功のうちに終った。堀井も、“ヤング・アンド・フレッシュ”の将来を約束してくれた。五人はまた、しっかりと手を握りあった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。