日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

新・兵隊やくざ
シンヘイタイヤクザ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年01月03日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
The Hoodlum Soldier Deserts Again  
上映時間
85分  

有馬頼義の原作を「続・兵隊やくざ」でコンビの舟橋和郎が脚色、田中徳三が監督した“兵隊やくざ”シリーズ第三作目。撮影は「青い性(1964)」の中川芳久。

スタッフ

企画
久保寺生郎
原作
有馬頼義
脚色
舟橋和郎
監督
田中徳三
撮影
中川芳久
音楽
鏑木創
美術
下河原友雄
照明
伊藤幸雄
録音
三枝康徐
スチル
薫森良民
編集
中静達治

ストーリー

軍用トラックを奪って軍隊を脱出した大宮と有田だったが、中国大陸はあまりにも広く、曠野の真中で車のガソリンはきれ、二人は夜を徹して歩きまわった末、八路軍の攻撃をうけ窮地にたった。そこへ忽然と友軍が現れ二人は不本意ながらも、また軍隊に復帰した。ところが、この八路軍討伐にあたっている鬼頭中隊の訓練の厳しさはまた格別。バカバカしくなった二人は、さんざ隊内で大暴れしたあげく、また憲兵に発見されるのを恐れて、再度の脱走を計った。労働者の集団に紛れこんで天津にたどりついた大宮と有田は、まず野戦貨物廠にねむっている物資の略奪を計画。浪曲師になりすまして隊内に潜りこんだ二人は、そこの万年一等兵豊後を仲間にひきいれ、大宮の腕力、有田の機智で、見事に荷馬車一っぱいの砂糖袋を奪取した。しかし、その夜、大宮と有田は妓楼竜宮の妓を総揚げして乱痴気騒ぎをしたあげく、妓楼の主人根上の甘言に乗せられ、有金を全部賭場で巻きあげられてしまい、翌日からは払えない花代のために、根上のもとで下働きをする破目におらいった。だが、そんなうち、大宮と有田は軍の上層部が根上と結託して、悪らつな金もうけをしていることを知り、怒った二人は、大宮がホレた女桃子以下全員の足抜きを敢行し、脱出したあげく、ちゃっかりと女郎屋「いろは」を開店した。しかし執念深く大宮たちを追っていた根上は、たちまち二人を発見し、山本憲兵隊長を後だてに「いろは」に殴り込んだ。ところがここで、豊後が昔の軍隊の同僚青柳憲兵隊伍長と再会。豊後はいばりちらす青柳に腹をたて、青柳の古傷をあばいた。その晩豊後は、青柳に殺された。怒った二人は、青柳との対決を心に決めた。が、いかんせん相手は絶大な力を持つ憲兵、二人は捕えられ、軍法会議にもかけられず、憲兵隊の手で闇から闇へ葬り去られようとした。が、わずかなスキを見出した大宮は青柳の拳銃を奪い、有田を助けて大暴れしたあげく隊長室のストーブに、不発弾をぶちこんで脱走した。数分後、憲兵に化けてオートバイで脱走する二人の後にすさまじい火の手が上った。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。