日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

夜の悪女
ヨルノアクジョ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1965年12月04日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
R18+  
英語名
The Fox Girl  
上映時間
85分  

「かも」の成澤昌茂がシナリオを執筆、「いろ」の村山新治が監督した“夜の青春”シリーズ第五作目。撮影もコンビの仲沢半次郎。

スタッフ

企画
園田実彦
脚本
成澤昌茂
監督
村山新治
撮影
仲沢半次郎
音楽
内藤法美
美術
中村修一郎
照明
銀屋謙蔵
録音
渡辺義夫
スチール
加藤光男
編集
田中修

ストーリー

“不忍観光”というガイド・クラブでピンク・カードまきをしていた玉井潔は、一年前警察の手入れで刑務所にはいった社長味沢三郎の後釜に坐り、社名も“台東観光”と変え、ガイド・ガール宇良子、みち江、たつ美などを使ってハブリをきかせていた。しかし、きまった手数料だけでは満足できない彼女らは、半ば公然と、売春をして客たちから大金をしぼりとっていた。味沢がつかまったのも、この売春行為が摘発されたからだった。一方潔には、看護婦あがりの内縁の妻悦子がいたが、今では自分がスカウトした女、麻田宇良子に魅かれ、機会あるごとに、口説きおとそうと必死になっていた。だが、計算だかい宇良子は、悦子に絞られて金のない潔を相手にしようとはしなかった。そんなある日、新聞に潔と悦子の不況苦による心中事件が報じられた。が、これはいらだった潔が悦子を殺して仕組んだ偽装心中であった。半月後、事件のほとぼりもさめ、やっかい者から開放された潔は、勇躍して事務所に帰った。ところが事務所には、数日前刑務所から出た味沢がいた。当然潔は、社長の地位を奪われ、悦子を殺して、まきあげた彼女の貯金五十余万円まで味沢のために失ってしまった。だが一度甘い汁をすってしまった潔にはもとのビラまきにもどることは出来ず宇良子をそそのかして百万円を横領すると、味沢のもとを去り、“隅田観光関発”に出資して、社長の椅子を買い取った。しかし金銭欲にとりつかれてしまった宇良子は、潔の財産を一人占めしようとして、自らの身体を利用して二人をたきつけ、争わせた。この計画はまんまと図に当り色と欲に狂った味沢は“隅田観光”になぐりこみ、二人の大乱闘の現場を宇良子の呼んだ刑事におさえられ、味沢と潔は連行された。それから数日、二人の財産を一人占めした宇良子は、“大東京観光”という新しいガイド・クラブをつくり、電話を前に、今日も艶めかしい声で男たちを呼んでいた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。