日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

密告者(1965)
ミッコクシャ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年11月13日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

高木彬光の同名の原作を「若親分」の高岩肇が脚色「不倫(1965)」の田中重雄が監督したミステリーもの。撮影は「新鞍馬天狗」の森田富士郎。

ストーリー

瀬川は証券会社時代の莫大な負債に苦しんでいるとき、小さな商事会社の社長沢井にひろわれた。その沢井は産業スパイであり、七洋化学の新製品を盗みだすことを瀬川は強いられた。瀬川にとって七洋化学の常務荻野は旧友、その妻栄子はかつての愛人であった。が恩は恩、瀬川は荻野に代理店契約を口実に近づいていった。そのうち、不幸せな結婚生活を送る栄子ともヨリをもどすようになった。ある日、瀬川は荻野家に招かれ、スキを見て秘密書類を盗写したが、荻野にはある密告者から瀬川がスパイであり、栄子とも通じていることが知らされていた。その夜、荻野は何者かによって殺害され、当然瀬川が疑われたが、沢井がアリバイを作ってくれ、瀬川の情婦和美が証明した。その和美が瀬川と栄子の仲を感づきはじめたころ、彼女は自室のアパートで殺害された。警察は瀬川の緊急逮捕を発令した。一方、荻野の死後、栄子を中心に親戚連中の遺産相続のことでもめはじめていた。この事件の担当検事小島の婚約者で、栄子の友人恭子が栄子を訪れたある夜、こんどは栄子までがガスで偽装自殺を計られていた。この事実を知った瀬川は、最初彼の行動を荻野に密告した者こそ真犯人である、ということに気づいた。つまり、犯行をすべて瀬川に被せようとしている人物だ。このころになって小島検事はやっと真犯人を逮捕した。沢井である。栄子の異母姉俊子と共謀して荻野家の財産を奪うため、架空のスパイ会社までつくって、瀬川という盲点を使って巧妙に仕組んだものだったのだ。瀬川の犠牲により、沢井は完全犯罪を全うできると考えたのだが、栄子という被害者と、友人の恭子という検事につながる線から、事件は解決したのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。