日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

牝犬脱走
メスイヌダッソウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年11月13日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

「おんな番外地 鎖の牝犬」の舟橋和郎がシナリオを執筆「掏摸(すり)」の弓削太郎が監督した風俗もの。撮影は「兵隊やくざ」の小林節雄。

スタッフ

企画
藤井浩明
脚本
舟橋和郎
監督
弓削太郎
撮影
小林節雄
音楽
池野成
美術
仲美喜雄
照明
泉正蔵
録音
奥村幸雄
スチル
薫森良民

ストーリー

三百五十余人の女囚を収容する刑務所。あらゆる年齢層のさまざまな罪を負った女たちが、高いコンクリート塀の中で、抑圧された日を送っている。長池春美、西田礼子、小出ユキの雑居房に北城加代が加わった時、三人は困惑した。彼女らは秘かに脱走の計画を練っていたのだ。事情を話した三人は、加代も加えて、さらに周到さを増した。リーダー格の春美は、ズべ公のボスの情婦であったが、妹分トシ子に男をとられ女に硫酸をかけて傷害罪でとらえられた。小出ユキは、住み込み店員で同僚の桜井と恋仲のユキに、横恋慕した店の息子清ともみあううち、ストーブを倒し、放火犯として獄舎に送られていた。西田礼子は、平凡なBGで、胸を病む恋人のため、ヌードモデルまでして療養費をかせいだのが、同僚に見つかり、脅迫されて三十万の公金を横領したもの。また加代は、看護婦時代に知り合った男との間に子供が出来たが、結婚に反対され、ホステスとなって養育費をかせぐうち、やくざな男の手にかかり、男を刺殺して、ここへやって来た女。四人の脱走は成功した。だが全国に手配された彼女らのゆく手は、知れていた。春美はかつての仲間のもとに、礼子は療養中の恋人のもとに、ユキは、憎い男のもとへ復讐するため、そして加代は預けた子供のもとへ。だが警察の目を恐れて、周囲の眼は、彼女らに冷たくそそがれた。そして、恋人の冷たい返事を聞いた礼子はついに自殺した。春美は、組を渡り歩いたが、偶然出会ったトシ子から、厚い仁義を受け、トシ子から組のやり方は使えるだけ使ったあとは、紙くずのように捨てられると聞かされ、またムショに帰ることを誓った。その頃、ユキは恋人桜井に連れられ、刑務所に帰っていた。そして、加代も関根保安課長に連れられ、帰って来た。彼女らのうえに刑期がさらに加わった。だが彼女らの罪は罰されても、社会の汚じょくは、摘発されようとしない。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。