日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

怪盗X 首のない男
カイトウエックスクビノナイオトコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年10月23日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
82分  

都筑道夫の原作を、「三匹の野良犬」の山崎巌が脚色、「青春の裁き」の小杉勇が監督したアクションもの。撮影は「あいつとの冒険」の藤岡粂信。

スタッフ

企画
浅田健三
原作
都筑道夫
脚色
山崎巌
監督
小杉勇
撮影
藤岡粂信
音楽
小杉太一郎
美術
木村威夫
照明
森年男
録音
太田六敏
編集
近藤光雄
スチル
荻野昇

ストーリー

怪盗Xこと、ブラック・ジョウは、戦時中軍によって無理矢理強奪された先祖伝来の巨額の宝石類が、敗戦によって、ウヤムヤにされ、いまだに返還方法すら考えられていないことを怒り、失った財産に匹敵する宝石を日本中から奪いとろうと決意した。そんな時あるホテルのロビーでは“ネパールの鳥”という宝石と金とでできた彫刻が人目をひいていた。ブラック・ジョウは、この彫刻を、たくみに仕組んだ火事騒ぎにまぎれて、見事に盗みだした。ちょうど恋人大里浩とともに、この彫刻の取材にきていた女性週刊誌のカメラマン相川玲子は、この事件に興味を持ち、強引に編集長を説きふせて、この事件を追いかけることになった。警察もいろめきたち、浩次の叔父、大黒警部も、かつて外国でみせた怪盗逮捕の腕を買われて、事件捜査に狩り出された。玲子をもりあげようと、ジョウが父徳三のもっている骨とう品“ブラック・マリア”を一週間以内に奪う旨宣言したと週刊誌にかきたてた。ジョウもこのからくりを承知で、挑戦に応じた。戦いは開始され、ジョウを追っていた浩次は、逆にジョウに捕り、ジョウの次の目的が、世界の秘宝“フォラオの猫”であることを知らされてまた彼のアパートに連れもどされた。やがて、この“フォラオの猫”と“ブラック・マリア”をめぐって、ジョウと彼の相棒・梨花と警察陣の間に一進一退の攻防戦が展開されたが、遂に浩次がスキを見てジョウに仕かけたマイクロ発信機によってジョウの隠れ家が発見され、警官隊がなだれこんだ。しかしジョウと梨花は、家に仕掛けた多様のからくりを使って脱出した。数日後、浩次のもとに、“フォラオの猫”と“ネパールの烏”が届いた。勝利の満足感を味ったジョウが、クビになりかかった大里へ同情から返してきたのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。