日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

星と俺とできめたんだ
ホシトオレトデキメタンダ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
The Stars and I Decided...  
上映時間
80分  

「拳銃無頼帖 流れ者の群れ」でコンビの松浦健郎と佐藤道雄それに朝島靖之助が共同でシナリオを執筆、「処女喪失」の井田探が監督したアクションもの。撮影もコンビの萩原泉。

スタッフ

企画
高木雅行
原作
松浦健郎
脚本
松浦健郎朝島靖之助佐藤道雄
監督
井田探
撮影
萩原泉
美術
柳生一夫
照明
熊谷秀夫
録音
太田六敏
スチール
目黒祐司
編集
井上治

ストーリー

星川健次は剣道の全日本選手権試合を前に、ナイトクラブ“地中海”でアルバイトに歌っていた。マダムの菊子は、健次の試合の相手強豪大日向三郎の姉であった。客席で健次の舞台姿を瞶めるアメリカ帰りの歌手マリは、健次の兄で事故死をした明のフィアンセであった。同じ飛行機で帰国した三郎は、マリの美しい姿にすっかりほれこんで結婚を申しこんでいた。健次は叔父稲垣秀樹のところに寄宿していたが、稲垣は菊子のパトロンの東和精密工業の社長雨宮とは親争相手である朝倉技研の技師長で、停年も近い老人であったが、なぜかマリとの交際や地中海で歌うことをやめさせようとしていた。翌日マリに呼び出された健次は、マリに求められるまま兄明の事故死の模様を語った。高速度のモーター・ボートのエンジンを発明した明は、試作艇を運転中原因不明の爆発で事故死したのだ。一方地中海で歌ううちに、明は雨宮と中村常務、それに稲垣が密談を交わしているのを知った。雨宮は明の新発明を盗もうと稲垣を重役にすると抱きこんで試作艇が爆発するよう仕組んだのだった。愕然として叔父をなじる健次に、稲垣は男の花道を飾らせてほしいと頼んだ。その時、健次は山嵐組に襲われて肩口に傷を負い病院に入った。見舞にかけつけたマリは、健次に思いを寄せる稲垣の娘静子のけなげな姿を見て、健次から離れる決意をした。一方残された設計図と稲垣の指導のもとに朝倉技研では試作第二号艇が出来あがっていた。ちょうどその頃健次は全日本剣道選手権大会をむかえていた。一方稲垣はその頃、試作艇に乗って海に出ていた。一策を案じた稲垣は入江に出ると、ボートを沈めて海へ飛びこみ、電話で朝倉に自分の過失を詫び辞職を申し出た。だがその懐には設計図をコピーしたフィルムがかくされていた。体育館では、健次と三郎が相対していた。だが水平にのびる三郎の太刀の一瞬のスキをくぐって、健次捨身の逆胴が三郎のそれをとらえ、健次の逆転勝に終った。同じ頃、稲垣は例のフィルムを雨宮に渡した。だが最初から利用するつもりの雨宮は、稲垣を重役にはしないと言い放った。だまされたと知った稲垣が怒った時、健次がかけつけフィルムを奪い返した。雨宮はすぐ山嵐組の応援を求めた。海岸で健次はフィルムを灰にした。応援にかけつけた三郎も交え、山嵐組の若造を払いのけた。雨宮の陰謀は暴露され、雨宮は逮捕された。マリは三郎と結婚を決意し、健次も静子の愛を思いつつ星空に歌った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/12/23]

映画情報を37件更新しました。

[2019/11/25]

映画情報を58件更新しました。