日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

青春のお通り
セイシュンノオトオリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年07月14日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
The Frivolous Age  
上映時間
76分  

京都伸夫の同名小説を、「悲しき別れの歌」の三木克巳が脚色、「涙をありがとう」の森永健次郎が監督した青春もの。撮影は「青春の裁き」の藤岡条信。

スタッフ

企画
坂上静翁
原作
京都伸夫
脚色
三木克巳
監督
森永健次郎
撮影
藤岡粂信
音楽
山本直純
美術
西亥一郎
照明
岩木保夫
録音
宮永晋
スチール
井本俊康
編集
井上治

ストーリー

短大でクラスメートだった南原桜子、青柳久子、駒井中子は、お互いにニックネームで呼びあう仲良しであった。チャッカリスカヤと言われる桜子は、卒業するとお手伝いさんになることを決意した。桜子は、人手不足の現在、お手伝いほどボロイ商売はないと思ったのだ。家事サービス職業訓練所に通った桜子は、武庫山高級住宅に住むテレビ作家浪花秀介のお手伝いに決った。浪花家はチャッカリ屋の桜子の出した条件通りの、自由で文化的家庭であった。下見に行った桜子は、浪花家の状況を中子、久子に伝えると、楽しい生活を夢想した。そんな桜子に中子は、久子の兄の圭太が桜子に好意をもっているらしいと告げた。だが、桜子はチンパンジーのふきかえをして、月収二万円しかない圭太の存在はぴんとこなかった。次の日から桜子は、浪花家の一員となった。ハウスキーパーの斎藤カメは、かつて高校教員をしていたというインテリ。秀介は桜子の新鮮な魅力に早くも熱っぽい眼を送る。彼の妻ユカリも一遍に桜子が気に入り、何かと世話を焼いて、桜子は楽しい毎日だった。しかし、派手な生活をする浪花家では、時として大客があり酷使されることもあった。ユカリが映画の撮影で上京することになった。付き人として上京した桜子は、圭太が中子と親しいと聞き、動揺した。桜子はユカリとホテルに泊って撮影所通いをした。そんな桜子を若い俳優早川虎二はデイトに誘った。一方その頃桜子は、ユカリに秀介の浮気を調査するよう依頼された。そして、夫婦がそれぞれ浮気をしているのを知り、桜子は愕然とした。そして更に、尊敬する姉の梅香が、浮気の末子供を妊って自殺未遂事件を起したのも、桜子にショックを与えた。撮影も終り、帰る車中桜子は圭太と結婚することを決意した。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。