日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

幸せなら手をたたこう(1964)
シアワセナラテヲタタコウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年12月19日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

「制服の狼」の長谷川公之のオリジナル・シナリオを新人湯浅憲明が監督した歌謡ドラマ。撮影は「制服の狼」の宗川信夫。

スタッフ

企画
竹谷豊一郎藤山健彦
脚本
長谷川公之
監督
湯浅憲明
撮影
宗川信夫
音楽
伊部晴美
美術
後藤岱二郎
照明
伊藤幸夫
録音
渡辺利一
編集
関口章治
スチル
薫森良民

ストーリー

日比谷公園の噴水前。ある日銀座の街角に貼り出された挑戦状に応じて、若人が集ってきた。雑誌記者、カメラマンの見守る内、中原ゆき、弥助と長男の一郎、高木弘、林圭太、小川明それに、挑戦状を書いた佐々木正がトレパン姿で集って来た。皆、それぞれの思想を持ってやって来たのだが、レースは道路交通法に触れて、一週間延期となった。挑戦状に共鳴して、長男の一郎を連れて来た弥助のおごりで、その日は暮れたものの、このレースが終り次第田舎に帰省するつもりだったゆきは、圭太の母が主宰する派出婦会に入って働くことになった。そして一週間後、再度この若者達が住宅街の一角に集まったが、肝心の佐々木が急用のため欠席してレースは中止となった。一方佐々木の急用というのは、彼の第二工場建設地として払い下げが決定していた区の空地が、一転して入札により決めると通達を受けたのだ。この区議会の決定は議長である弘の父の力が与っていた。ちょうどその頃弘やゆきたちは空地を子供遊園地にと起ち上った。主婦達の支持を得た弘らは、佐々木と対決することになった。数日後、佐々木の家で働くゆきのもとへ、母和乃が訪れ、縁談をもちこんだ。あわてたゆきは佐々木を仮りの恋人に仕立てたが、これを見たクリーニング屋の明が、仲間に通報したため、弘をはじめ他の連中も一斉に佐々木を非難した。だが誤解と判った時皆はホッとしたが、佐々木はその瞬間からゆきを結婚の対象として見るようになった。黒星を続けた若者たちは、児童遊園地造りに邁進した。徹夜で強引に公園を造ろうとする弘たちに、佐々木は飛びこんで来たが、遂に話合いはつかず、弘と佐々木は決闘となった。この間遊園地の噴水造りに精を出した他の仲間のおかげで、夜の白む頃、水は噴き出し完成した。今は和解した佐々木のかけ声のもと、マラソンは開始された。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/12/25]

映画情報を53件更新しました。

[2020/11/27]

映画情報を72件更新しました。