日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

悶え(1964)
モダエ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1964年10月03日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
R18+  
英語名
The Night of the Honeymoon  
上映時間
91分  

平林たい子源作“愛と悲しみの時”を「黒の凶器」の舟橋和郎が脚色「黒の切り札」の井上梅次が監督した風俗もの。撮影もコンビの渡辺徹。

スタッフ

企画
藤井浩明
原作
平林たい子
脚色
舟橋和郎
監督
井上梅次
撮影
渡辺徹
音楽
三木稔
美術
後藤岱二郎
照明
安田繁
録音
須田武雄
編集
関口章治
スチル
薫森良民

ストーリー

新婚初夜、妻という名の新しい人生の出発に、千江子は、真新しい褥の中で、あわただしかった今日の一日を思い出した。多勢の参列者の祝福を受けて、千江子は五井物産調査課長上田庄一郎と結ばれたのだった。そして思い出の一夜を箱根にもった二人だったが、何故か庄一郎は、千江子の横に臥しながら、千江子に触れようとしなかった。泣いて問い正す千江子に庄一郎は、交通事故によって能力がなくなったことを告げた。ショックを受けた千江子だが努力して、夫の回復を待とうと決心した。翌日、ホテルで偶然友人のみつ子に出会った千江子は、夫の部下で、みつ子の友人である青年石川を紹介された。石川はその日、千江子の美貌にひきつけられた。結婚一カ月が過ぎようとしていた。だが庄一郎の努力も虚しかった。互いに満しあえぬ日々に、二人の心の中は激しく苦悶していた。そんなある日、千江子はみつ子や石川と箱根に旅行した。箱根では石川が千江子の身体を求めて来たが、持ち前の機敏さで虎ロを脱すると、夫のもとへ帰った。庄一郎は、二人の気持を落着かせるために、千江子に人工受胎をすすめた。その頃石川は、伯母白木須磨子の世話で、神子島しづ子との婚約話が持ちあがっていた。それを聞いた千江子は、かすかな嫉妬を覚えた。やがて人工受胎を決意した千江子は、誰のとも判らぬ子供を産むのなら、石川の子供を産みたいと、石川をホテルに誘った。だが、それに気づいた庄一郎は、ホテルの部屋に入ると、石川を殴り倒して、千江子をベッドに運んだ。庄一郎の内部に、初めて荒々しい感情が燃えたのだ。千江子は、厚い男の胸に顔をうづめて初めて幸福の正体をつかんだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。

[2021/02/25]

映画情報を65件更新しました。