日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

無宿者(1964)
ムシュクモノ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年08月08日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

「眠狂四郎円月斬り」の星川清司がシナリオを執筆「剣」の三隅研次が監督したヤクザもの。撮影もコンビの牧浦地志。

スタッフ

企画
財前定生
脚本
星川清司
監督
三隅研次
撮影
牧浦地志
音楽
池野成
美術
内藤昭
照明
古谷賢次
録音
大谷巖
編集
菅沼完二
スチル
西地正満

ストーリー

佐渡金山を背後にひかえたある寒村に、二人の男がやって来た。賭場で知り会った二人は、形身の朱鞘のドスを持つ一本松とかつては武士であった黒木弥一郎だ。この二人は、奇しき因縁で結ばれていた。一本松の父は、五年前、笹子峠で斬殺されていたが、弥一郎の父も、五年前、笹子峠で御用金を拐帯して、姿を消していた。この話しを聞いて以来、一本松は、御用金拐帯を見た父が、弥一郎の父に殺されたにちがいないと信じた。だが弥一郎は、父の潔白を確く信じていた。やがて二人は、人足問屋兼やくざ稼業三州屋波蔵が、二年前から、盛んとなったことを、村の娘おはるから聞くと、二年前から、三州屋の黒幕になったという船問屋、島屋十兵衛の追求を始めた。一本松は十兵衛こそ、弥一郎の父黒木半兵衛の仮の姿だと信じたのだ。一本松は、波蔵をせめて、島屋の正体を吐かせる寸前で、島屋の仔分和四郎によって、波蔵は殺された。波蔵の妹で、器量を見込まれて、島屋の女となったお勢以に、飲み屋で会った一本松は、島屋の背後にもう一人の人物がいることを確かめた。その男こそ、半兵衛だ。一本松はそう信じた。おはるの父儀十も、佐渡から来る船の中には必ず島屋を命令する男がいるという。折よく、金山に労働者を送るため、船が来た。黒木半兵衛を追う一本松の目に、悠然と笑った父源七の顔が映った。一本松に、源七は、半兵衛を殺して金を奪ったと、笑った。一本松は、父を憎んだ。弥一郎もまた仇と狙った。だがそれを察した源七は、弥一郎を射殺した。遂に、一本松は父と対決した。だが父親殺しの汚名を一本松に着せることを恐れた源七は自からの命をたった。死体を前に、一本松の肩はがっくり落ちた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。