日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

こんにちは赤ちゃん(1964 松林宗恵)
コンニチハアカチャン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1964年03月20日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

「喜劇 駅前女将」の長瀬喜伴がオリジナル・シナリオを執筆「続社長紳士録」の松林宗恵が監督した歌謡劇。撮影もコンビの鈴木斌。

スタッフ

製作
渡辺晋田実泰良
脚本
長瀬喜伴
監督
松林宗恵
撮影
鈴木斌
音楽
中村八大
美術
育野重一
照明
西川鶴三
録音
西川善男
編集
岩下広一
スチル
山崎淳

ストーリー

四方山敬介は大学教授だが、妻に先立たれ、八カ月の赤ちゃんをかかえて四苦八苦。遂に教え子の女子大生会田道代にお守を頼んだ。公然と学校をさぼってもいいと道代は大喜びだが、いつも八カ月の赤ちゃんがついているのでは、ボーイフレンドの康彦君とも遊べず、少し憂欝だ。学校の事務をしている立川藤子は四方山教授に好意をもって心配していた。が道代もそろそろ、赤ちゃんが可愛くてはなせなくなりアルバイトに精を出していた。康彦君のアパートで遊んでいる時、康彦の父が偶然上京して、あわてものの父は初孫と勘違いをしてデパートの赤ちゃん用品売場に直行、丁度催されていた赤ちゃんコンクールで一等をとった。学部長から沖山女史との結婚をすすめられていた四方山教授は、道代と康彦の共同戦術で、藤子を奥様に迎えて赤ちゃんも優しいママに抱かれた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。