日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ジェリーの森の石松
ジェリーノモリノイシマツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年09月29日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

「真田風雲録」の小野竜之助のオリジナル・シナリオを、「傷だらけの不敵者」の近藤節也が監督した時代喜劇。撮影は「夜霧の上州路」の荻屋信。

スタッフ

企画
小川貴也日下部五朗
脚本
小野竜之助神波史男
監督
近藤節也
撮影
荻屋信
音楽
真鍋理一郎
美術
桂長四郎
照明
上田耕太郎
録音
安田俊一
スチル
神田晃
編集
堀池幸三

ストーリー

となり袋井宿の女郎屋に客を取られて不景気な東海道掛川宿の通りを、アラヨッと丸太を満載したダンプカーならぬ大八車を、コマ落しの猛スピードで運転して来たのが主人公石頭の松こと石松、兄貴と喧嘩して親父の浪曲調の説教を聞かされたが、そんなものは柳に風とうけ流しポン友七五郎、亀吉と共に掛川一家と袋井一家の出入り見物としゃれ込んだ。しかし両一家全然ファイトがない。たまりかねた石松、見物席から飛び出して、ゼンソク持ちの掛川の周太郎の刀を拝借して袋井に切込んだが、もとよりやる気のない両一家、あわてて石松を押しとどめ、頃合を見て登場した代官の仲裁で平和交渉と言うことで妥結した。袋井の賭場で一暴れした石松たち、掛川一家に就職しようとかけあったが、平和主義者周太郎に断わられた。それでは自分達でかせごうと、村の古寺を改造して新式の娯楽場を開設、亀吉のイカサマでガッポリ儲けたまでは良かったが、たちまち代官にとっつかまり牢にぶち込まれた。しかしここでも石・亀・七・牢名主のスリの三吉をコテンにして牢の実権をにぎった。一方石松のアイデアを盗用して娯楽場を建設中の周太郎は、平和交渉が決烈しゼンソクが嵩じてみっともない死に方をした。復讐の念に燃えた跡つぎ半造は代官をだまして石松たちを牢から出し、石松をおだてて袋井の五郎蔵を斬りにやる。三度笠に雨合羽、調子に乗った石松は早速袋井一家に乗込んで用心棒芋畑十三郎を切ったが、石松自分も片目になった。代官の斡旋でまたまた平和条約を結んだ半造と五郎蔵は大娯楽場の開場式に列席し、石松等も珍妙な女郎に化けてパーティ入り、スリ三吉も仲間にして、テンヤワンヤの大騒動を、おっぱじめた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。