日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

関東遊侠伝
カントウユウキョウデン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年08月11日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
The Kanto Gambler's Fate  
上映時間
100分  

瀬戸口寅滋原作“昭和水滸伝”より「俺は地獄の部隊長」の山崎巌と藤崎誠孝が共同で脚色、「男の紋章」の松尾昭典が監督した任侠もの。撮影もコンビの岩佐一泉。

スタッフ

企画
児井英生
原作
瀬戸口寅雄
脚色
山崎巌藤崎誠孝
監督
松尾昭典
撮影
岩佐一泉
音楽
鏑木創
美術
横尾嘉良
照明
吉田協佐
録音
米津次男
スチール
目黒祐司
編集
井上親弥

ストーリー

大正末期、東京・両国の寝静まった街中を一台の人力車が走っていった。車引きの精悍な身のこなしは、一見してただ者ではないとわかった。車の前に躍りでた暴漢を撲り倒したこの車引きを見ていた、トギ安は「両国には高遠組をはさんで巴組と千羽組のシマがある。巴と千羽は同格だけに高遠を自分の縄張りに収めようとしのぎを削っている……」とおしえた。露店の軒を並べる縁日、高遠組と千羽組の縄張り争いが起きた。人混みからじっと見ていた例の車夫は、必死にとめようとしている女の顔をみて、ハッとした。今は車夫をしている外岡大作は三年前賭場のもつれに巻き込まれ、関東政と呼ばれる流れ者の弟を刺殺したのだ。この追われる大作に自首をすすめ、堅気になるよう進めた女こそ、今縄張り争いの渦中にあって乾分達をなだめている女である。再生の道を歩き出そうとした大作は、恩人の女が高遠の留守を守っているセツと知って高遠組に入って助けようと決心した。その頃、千羽組には不気味な正体不明の男が居ついていた。その男こそ、大作を弟の仇と狙う関東政である。大祭りの近づく直前、高遠組のシマが千羽によって立ち直ることが出来ぬ程荒されたのだ。組再建の資金集めにまわる大作に、ほれこんだ巴は、巴組に入るよう誘うのであった。金作りに奔走する大作のところえ、トギ安が大金を持って現われた。花篭親分の妹菊江が愛する大作のために身売りをして作った金なのだ。大作は自分の躯を高遠組が立ち直るまで預けるから菊江を自由にしてやってくれと頼んだ。大祭を無事に終えた夜、手打式の宴をあとに大作は、短刀を片手に決闘の原へ向った。弟の仇を討とうとする関東政の手にも短刀が光った。渡世人の宿命が荒野を走った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/06/23]

映画情報を14件更新しました。

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。