日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

黒の商標
クロノトレードマーククロノショウヒョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年09月07日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
The Black Trademark  
上映時間
79分  

邦光史郎原作“仮面の商標”より「警視庁物語 全国縦断捜査」の長谷川公之が脚色、「背広の忍者」の弓削太郎が監督した産業スパイもの。撮影は「温泉あんま」の石田博があたっている。

スタッフ

企画
三輪孝仁
原作
邦光史郎
脚色
長谷川公之
監督
弓削太郎
撮影
石田博
音楽
池野成
美術
後藤岱二郎
照明
柴田恒吉
録音
渡辺利一
スチル
柳沢英雄

ストーリー

国際レーヨン調査係井手は関西出張中、列車の洗面所で強盗に襲われ殺害された。同じ係りの杉野浩治は偽造商標事件に関係ありと推定、調査を始めた。大阪丼池の繊維問屋街の友人神後に協力を依頼、関西地方の業界情報通である田子一孔という男を紹介された。彼はあまり語ろうとせず、ただ案内役に一人娘雪子を付けてくれた。一方国際レーヨンと取引のある藤兼商事が春頃レーヨン原反の取込み詐欺にあったと称し、そのレーヨン原反を秘かに横流ししたのではないかという情報を得、合繊課長庄司を追及したが、杉野と他の場所で会うと約束しながら、庄司は会社の車庫の自動車の中で死体になっていた。彼の手には詐欺事件の遺書があり、警察は責任を負っての自殺と発表した。雪子の案内で梅田、丼池と大阪の問屋街を歩き現在東京のスーパーマーケットに出廻っている贋物を持込んだ男、垣内を、かつて庄司が彼と会うと約束したクラブで見つけ、尾行した。サカエ営業所というミシン五、六台の縫製工場が彼のアジトであることをつきとめたが、その夜、工場は全焼、垣内は死体となって発見された。一方、その日から田子の行方が知れなくなった。杉野は東京へ帰り、雪子も父の友人と称する寺沢のスーパーに勤めた。というのは父の書類の中から寺沢と垣内が異母兄弟であることがわかったからだ。雪子の直感が当った。寺沢は垣内を使って数々の悪事を働いていたのだ。そして工場内で発見された死体は実は田子だったのだ。真相を知られた寺沢は雪子を殺そうとしたが、そこに杉野がかけつけ、一味は滅んだ。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/12/25]

映画情報を53件更新しました。

[2020/11/27]

映画情報を72件更新しました。