日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

囁く死美人
ササヤクシビジン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年06月23日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
Whispering Dead Beauty  
上映時間
83分  

目白一夫のオリジナルシナリオを「黒の札束」の村山三男が監督したミステリーもの。撮影もコンビの宗川信夫。

スタッフ

企画
原田光夫
脚本
目白一夫
監督
村山三男
撮影
宗川信夫
音楽
土橋啓二
美術
高橋康一
照明
伊藤幸夫
録音
渡辺利一
スチル
椎名勇
編集
中静達治

ストーリー

河田病院の優秀な青年外科医菅英一は、恋人の看護婦丹羽不二子が邪魔になり出した。院長令嬢令子との縁談が具体的になってきたからだ。ある日、不二子から妊娠を知らされた菅が「おろせ」というと、不二子は、院長に二人の仲を話すといって、やにわに階段を駈け上った。菅がそれを力づくで止めようとしたはずみに不二子は階段から転落、それがもとで流産したあげく、足が不自由になってしまう。不二子の哀願と恨みのこもった眼差し。菅の心に殺意が湧いた。彼女を鎮静剤で眠らせ、夜半、病室から担ぎ出してプールに沈める。覚醒してもがく不二子を無理矢理押し沈める菅。断末魔の不二子の恐ろしい形相。菅の巧妙な擬装で鑑識の結果は自殺と決まり、菅は新妻を伴ってヨーロッパへ旅立つ。幸福な月日も束の間、奇怪な出来ごとが次々と菅を襲いはじめた。不二子が使っていた松葉杖を置いて行った謎の押売り女。まぎれもない不二子の筆跡によるメモ。菅のあとを追いまわす不気味な足音。そして菅は窓外の闇の中に無念の形相すさまじい不二子の顔を確かに見たのだ。亡霊か、それとも死んだはずの不二子がいつの間にかよみがえったのか。深夜の医長室で菅はふるえ上った。女は不二子の姉だった。菅は罪の一切を告白せざるを得なかった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/09/28]

映画情報を55件更新しました。

[2020/08/27]

映画情報を61件更新しました。