日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

熱いうめき
アツイウメキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1963年 
製作会社
第7グループ事務所 
配給会社
 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
66分  

三木康士が脚本を執筆、「胎動期 私たちは天使じゃない」の三輪彰が監督したお色気もの。撮影は岡田三八雄。

スタッフ

製作
湯浅浪男
企画
久我誠道
脚本
三木康士
監督
三輪彰
撮影
岡田三八雄
照明
矢口明

ストーリー

英治はカメラ技術に特殊な才能を持ちながら、既成のグループに抵抗を感じて背を向け、自らスキャンダルを撮りまくって週刊誌に売りさばく、いわゆる写真トップ屋である。彼は恋人ルリ子とくんで、重役の二号と自分の情事をカメラに収め、それをその重役に送り手切金をとることはもちろん、自分もその会社の重要な地位につくことに成功した。しかし彼の野心は海外へでることだった。彼は金髪女性を犯し、しかもその女性と結婚するということで、アメリカへ渡る話を成立させた。ルリ子は英治がアメリカへ渡ることを知り、「行かないでくれ」と哀願した。だが英治は手切金だと札束を彼女につき出した。彼女はとっさに毒物を飲物に入れ、何くわぬ顔をして乾杯をかわした。数分後英治が苦しみだし、ルリ子も折り重なって倒れた。空港ではすでにタラップがはずされ、不思議そうな顔の金髪娘を乗せたまま、旅客機は一路サンフランシスコへと飛びたっていった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。