日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

江戸忍法帖 七つの影
エドニンポウチョウナナツノカゲ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年05月19日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

山田風太郎原作“江戸忍法帖”を「中仙道のつむじ風」の鈴木兵吾と「夜霧の上州路」の高田宏治が共同で脚色、「地獄の影法師」の倉田準二が監督した忍者もの。撮影はコンビの森常次。

スタッフ

企画
彼末光史小倉浩一郎
原作
山田風太郎
脚色
鈴木兵吾高田宏治
監督
倉田準二
撮影
森常次
音楽
鏑木創
美術
白根徳重
照明
安田与一
録音
墨関治
スチル
吉田晴光
編集
神田忠男

ストーリー

将軍綱吉治世の頃、柳沢出羽守吉保は、愛妾を将軍家に献上、これに子供が出来たのを機会に天下を取ろうとしていた。だがこれを砕こうとするのが狼人足柄悠太郎、前将軍家綱の御落胤。権力争いにまき込まれるのを心配した母の配慮で、ひそかに織部玄左衛門父子の手で育てられていた。織部達は、吉保の動きを知り、悠太郎を綱吉に対面させ、いち早く後継者にしようと計った。これを知った吉保は服部玄斎を首領とする甲賀七人衆に悠太郎の暗殺を命じた。玄斎は立派な忍者だが病床にあり、その上、息子小源太は術が未熟だった。高弟刑部達は玄斎の制止を無視し、徳川の血筋を守るためと、悠太郎の身辺に迫った。玄左衛門父子と、悠太郎を慕う少年丹吉が次々と殺された。家来達を殺され激怒した悠太郎は、吉保の邸に乗り込んだが、待ち構えた忍者達に窮地に追いつめられた。が、吉保の娘鮎姫に助けられ無事たちかえることが出来た。鮎姫は悠太郎を慕って彼のあとを追ってきたのだ。その後、甲賀屋敷に忍び込んだ悠太郎は、玄斎の死と新首領小源太の誕生を知ったが発見され、小源太の助けで悠太郎は逃走出来た。このために小源太は刑部達の手で幽閉された。縫は弟丹吉の仇を討とうと甲賀屋敷に入り込んだが失敗し捕えられた。縫と鮎姫の交換を刑部から迫られた悠太郎は指定の場所へと赴き、彼等忍者達と対決、これを倒していった。悠太郎の闘っている間、幽閉の身から自由となった小源太は、刑部達の手に落ちていた縫の救出に成功した。残る敵は刑部一人、しかしながら、次第に悠太郎は刑部の術に追いつめられた。が、彼を慕う鮎姫の必死に悠太郎を救おうとする尊い犠牲によって、ようやく刑部をうちとることに成功した。かけつけた吉保は、息絶えた愛娘鮎姫を抱き上げて立ち去った。それから数日、今は野にあって徳川家を守ろうと決意した悠太郎の姿があった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。