日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

妻という名の女たち
ツマトイウナノオンナタチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1963年05月22日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

「サラリーマン無鉄砲一家」の沢村勉が脚本を執筆、同じく筧正典が監督した女性ドラマ。撮影は「素晴らしい悪女」の内海正治。

スタッフ

製作
金子正且
脚本
沢村勉
監督
筧正典
撮影
内海正治
音楽
団伊玖磨
美術
中古智
照明
山口偉治
録音
藤好昌生
スチル
高木暢二
編集
岩下広一

ストーリー

雪子は夫の浩三にそんな女のいることは、少しも知らなかった。平凡な妻であり母である日々に突如波紋が立ったのは、その女八杉夏代に訪問されてからだった。夏代と浩三がはじめて二人で伊豆へ行ってからもう一年半、女房とは別れるつもりだという浩三の言葉を夏代は信じて来た。夫の浮気を感づいた雪子は家を出たが、実家へ帰る気にはなれなかった。友達の靖子の説得を機に家へ帰ってみると、浩三と夏代がいた。うろたえた浩三は夏代を帰したあと、雪子に女と手を切ると約束した。だが、浩三の外泊はやまず、それでも一週間ぶりに家に帰って来た時雪子は嬉しかった。浩三は「今度という今度は自分が嫌になったよ、気がついたらあの女の家にいた、という感じなんだ」というのだ。浩三はほとんど家に帰って来なくなった。そんな時彼の父が死亡し、会社の上役でもある彼の兄の説得で、一時は雪子のもとへ戻ったのだが……。数週間後、夏代と浩三は逢った。彼女は彼を引っぱるようにして自分の部屋に泊らせたが、会社を、家を気にする彼に自分がひどく惨めに思えた。翌日、浩三が家に帰ると夏代が雪子と向いあっていた。夏代は浩三を返しに来たのだ。「私もほしい、仕事も大事、だから奥さんのご機嫌をとって私に逢いにくる。それでは二人とも惨めよ」それを聞いて雪子も浩三と別れる決心がついた。愛していなければ別れなければならないのだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。